「困難に立ち向かった経験」=「大切な資産」

Googleも創業初期の新卒採用は、創設者がスタンフォード(出身)なので「まずはスタンフォード、次にアイビーリーグ(アメリカの名門私立大学群)から」という感じでした。

でも、一定の大学出身者ばかりを採用しては多様性がありません。人種も偏り、ダイバーシティに欠けてしまう。

アイビーリーグでなくても頑張っている人もいる。そこで、大学のレベルに関係なく採用するようにしました。地方の小さい大学の出身者も採用しました。

当初、Googleの人事は「名門大学出身じゃないと人材のレベルが低いかもしれない」と心配をしていました。

でも、実際に採用したら、十分にパフォーマンスを発揮してくれた。何年も試行錯誤を続けて「結局、何がパフォーマンスに繋がるのか?」を社内で研究しました。

まずわかったことは、Googleでは、「どんな大学を出たか」は入社後のパフォーマンスと相関関係がなかったことがわかりました。

次にわかったのは、「これまでの人生で苦労をしたかどうか」でした。人生の中で、戸惑ったり、脱線したり、事故にあたり、病気になったり、浪人したり、好きな人を失ったり…。

そういった苦労した人たち、挫折した人たちは、会社のなかでパフォーマンスを発揮していました。

挫折というのは、自分自身を見つめ直すチャンスです。アイデンティティを作り直す機会でもある。次のチャンスを、自ら探しに行く必要があると考えられるかどうか。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/16/piotr_a_23334437/

統合失調症という苦難

コンフォートゾーンとラーニングゾーンという考え方がある。

コンフォートゾーンは、安全や安心を感じるゾーン。

そのゾーンの外側をラーニングゾーンと呼ぶ。

心理的には、しんどい・辛い・嫌なこと。

そこを経験していると自分の枠が広がる。

統合失調症と苦難

統合失調症は1番重い精神疾患と言われることもある。

これ以上ないほどの苦難💦

 

今までの時代は、偏見も強く、福祉も充実しておらず、良い薬もなかった。

その時代に、下まで落ちて這い上がるのは、相当に困難であったのは想像に難くない。

短い人生ではタイムオーバーで、苦しみから抜け出すのは難しかったのだと思う。

 

しかし、現代では、社会的理解・社会的リソース・テクノロジーの進化・抗精神病薬をはじめとする医療の進歩などがあり、以前より症状の軽く、社会で活躍している人も増えてきた。

統合失調症という「困難に立ち向かった経験」は、後に大きな資産となって自分に返ってくる✨

そういう時代になったということだ。

島田紳助
島田紳助

今日、経験したことは新しい絵の具。

今は使わないかもしれないけど、いつ使うかわからん絵の具の種類をたくさん増やさないと。

いざ絵を描くときに、絵の具は多い方がいい。

だから明日からでも行動して、新しい絵の具を手に入れろって。

辛いときには鉛筆を思い出す

使える鉛筆になるためには、時々何度も何度も削り、磨き直す必要がある。

もし鉛筆に感覚があるとするなら、酷く痛いよね。

でも、使える鉛筆になるには必要なことだ。

人生も似ている。

苦しい経験や困難が訪れる。

でも、それらを通して、人格を磨き成長する。

本田宗一郎
本田宗一郎

人生でも企業でも、1度、貧乏とか不況とかを立派にくぐり抜いてきたものなら、そいつはどこまでも信頼出来る。

統合失調症という重度な困難を乗り越えられたら、同じように苦しんでいる方への希望になり、時代は変わっていくと思うよ😃

あ、あいつにも出来たなら俺にでも出来るじゃん❗❗

「困難に立ち向かった経験」=「大切な資産」

 

タイトルとURLをコピーしました