スポンサーリンク

お出かけすると気分スッキリするようになってきた

僕は長い間陰性症状に苦しんできた。

病的に「何もしたくない気分」と「面倒な気分」があって、外出も億劫だった。

しかも疲れやすく外出したらしばらくの間は調子が悪くなるから、調子の悪いときには家に引きこもっているしかなかった。

とりあえず何もせずに眠りに逃避していたかった。

ずっと軽快はしないのかなと感じることもあったが、最近はドライブが楽しかったり、お出かけして人と会ったりすると、気分がスッキリすることが多くなってきた。

考えられることは、加齢により症状が軽快したこと、ナイアシンを推奨量の3g飲むようになって1年ほど経って効果が徐々に現れてきたこと、障害基礎年金の支給が決まって心にゆとりが生まれたことなどが考えられるかと思う。

 

陰性症状の重さや病的に「何もしたくない」「面倒」という気分もなくなってきた。

長い時間が掛かってしまったけど、症状が安定してきて、ポジティブな好循環の波に乗ったように感じている。

今辛く感じている方も、ゆっくりと休んでいれば、やがては陰性症状の重さもなくなって、軽快にポジティブに活動出来るときがやって来るよ🎵

コメント