したくない気分を満たすと自然とやる気が出てくる

統合失調症の陰性症状では、何もしたくない気分が強い。

何も出来ない自分を認めたくなくて、

hoshu
hoshu

こんなんじゃだめだ!何かしないと!

という、焦りから無理をしてでも活動をしようとしがち。

でも、ネガティブなエネルギーで動いているということだから、結果もネガティブになる。

何もしたくない気分は「今は休んで❗❗」というメッセージ。

陰性症状が劇的に回復した時期

陰性症状が酷くても、無理に鞭打って活動をしていた時期がある。

でも一向に回復しない。

むしろ、状態は日に日に悪くなっていった。

あるとき、疲れて諦めてしまって、

hoshu
hoshu

自分には無理だったんだ・・・。もう残りの人生は眠って過ごそう・・・

心が折れて、眠るだけの生活をしていた。

 

でも!

眠るだけの生活で2週間ほど経ったら、あんなに酷かった陰性症状が回復して、自然と動けるようになった!

これは自分でもビックリで、したくない気分を完全に満たすと、脳の疲れが取れて意欲的になるようだ。

したくない気分を完全に満たす

低調であればあるほど、焦りは強くなる。

でも、何もしないで回復した経験があると、低調な時期はのんびりと回復するのを待つことが出来るようになる。

何も出来なくて辛い方は、まずしたくない気分を完全に満たすこと

それが1番速く好調へ転換する鍵みたいだよ🎵