ほどほどを求める

飲み屋のお姉さんから、

ほどほどに忙しく、ほどほどに暇ってのが1番いいよね。

という会話になった。

そういえば、ほどほどを求めるというのは、精神衛生上かなり好い。

 

僕は陽性症状で感じる神のような全能感が忘れられずに、極限の楽しさを求めていたことがある。

主治医
主治医

極限の楽しさは普通の人は感じることはまずないから、羨ましい気分もあるよ。

でも波があって、確実に低調になる。

俺はジェットコースターのような人生よりも、ほどほどの幸せを求めていきたいね。

と、主治医にアドバイスされたこともある。

ほどほどが1番。

釈迦
釈迦

琴は、張りつめすぎす、たゆますぎず。

妙なる音になる。

と、釈迦もほどほどの精神状態が理想だと説いた。

米作りは80点を目指すぐらいがちょうど好い。

と、ベテランの農家の方もいっていた。

100点を目指してしうまと、無理なことを求めてしまい、0点に近くなったり、例え99点を取ったとしても目標に達成しないということだから、満足感も達成感も感じにくくなってしまう。

6割の力でがんばるぐらいがちょうどいいんじゃないかな?
ある米作農家の方が息子にこのようにアドバイスしていた。米作りは80点を目指すぐらいがちょうどいい。人間の手の及ばない「自然」を相手にする農家の方だからこそ、長年の経験でそういう理解に至り、それは僕らの生き方に...

そういう話をすると、

主治医
主治医

俺は、60点ぐらいでいいと思うけどね。

と言われた。

無意識にもっと高い点数を取りたい!と感じることが多いかもしれないが、60点ぐらいだったら落第もしないし、及第点だからそれで良しとしようかな。

ほどほどがちょうど良い(・∀・)イイネ!!

コメント