スポンサーリンク

もうちょっとだけ、あがけるだけあがいてみよう!

2017年の8月に入院して、ここ最近まで、気分は重かった。

身体拘束をされたという事実は、経験したことがある人しか分からないと思うけど、相当に重たい陰を落とす。

身体拘束中は、食事も食べさせてもらい、トイレも行けないからオムツを当てられ、全く身動きが取れない。

甚だしい人権侵害だと批判も大きい。

ただ、主治医に言わせると

批判は大きいけども、現場としては暴れて自傷他傷の怖れがある人をどうするか?って拘束以外に選択肢がない場合がある。

と、必要悪で、しょうがないとの見解だった。

その重たさから救われたのは、仲良くしている彼女さんのお陰かもしれない。

母親の次ぐらいに心配してくれて、携帯電話を使えない時期に、1番着信が多かった。

病気で最悪の精神状況で、悲観的になっていたけど、救われた気がした。

回復してからは、たまに会いに行ったり、2回旅行したりもして、生きる希望になった。

旅行先で、

hoshu
hoshu

ねぇ。もうちょっと真剣に付き合わない?

なっちゃん
なっちゃん

結婚するってこと? いいよ

こっちがビックリ(゚Д゚)するぐらいあっけらかんとしていて、その後イタズラっぽい笑顔で

なっちゃん
なっちゃん

でも、あたしお金掛かるよ(笑)

だって(笑)

僕は僧侶の資格がある。

やる気になれば、空いているお寺に入ることも出来るし、健康である限り定年もない。

むしろ「60歳で少しだけものが言える幼稚園児のようなものだよ。」と言われるような世界でがんばればまだまだ未来はある。

ただ、今実家で、たまに僧侶の研修会や厳しい修行に行って、残りの時間は勉強したり、のんびりと過ごす生活が気に入っている。

でも、それだと収入的に贅沢は出来ない (^_^;

でも、最近はもうちょっとだけあがいてみようかなと思うようになった。

ネットで稼ぐこともそうだし、勉強して色々なところに講師として呼ばれるようになることだったり、あがこう思えばまだまだあがける。

うつっぽくなっている時期は「僕には無理だ・・・」と悲観的になっていたけど、段々と意欲が湧くようになってきた。

どうなるか分からないけど、あがけるだけあがいてみようかなと!

コメント