アドラー心理学「2対1対7の法則」どうしても仲良くなれない人はいる

「2対1対7の法則」はアドラー心理学で良く使われる法則。

世の中にはこちらが無理しなくても仲良くなれる人が10人中2人。

努力しても仲良くなれない人が1人。

残りの7人は、こちらの態度次第で関係が変わるという。

統合失調症という才能

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 を運営していると、繊細で共感力が強いHSP気質の人の割合が相当に多いと感じる。

また、自身が苦しい想いをしてきたので、 心理学でいうところの「苦しみから生まれる利他主義」で人助けをするようになる。

普通の人類に比べて、感覚は超越していて進化した人類だという印象すらある。

しかし、それでも皆が仲良くすることはなかなか難しい。

どうしても合わない人というのは確実に存在する。

全ての人と仲良くするのは無理💦

簡単に言うと、どんなに進化したとしても、全ての人と仲良くするのは無理💦

残念ながら、どんなに頑張っても仲良くなれない人もいる。

波長の合う人との時間を大切にする

合わない人と無理をして付き合うような時代でもない。

ストレスや奪われる時間も考えると、合わない人とは距離を置いても好いんじゃないかな❓

特にSNSなどネットの世界では、簡単にブロックできるから、合わない人にストレスや時間を奪われることはしたくないよね😃

1度きりの人生だから、出来るだけ楽しもう❗❗

統合失調症とHSP&空気が読めないタイプ
エンパスとは、非常に高い共感力を持つ人のことをいい、HSPとはHighly Sensitive Personの略で、生まれつき刺激に敏感で、周りからの刺激を過度に受け取ってしまう人のこと。LINEグループでも感じるのだが、統合...