ネガティブな発言を真に受けないこと

劇作家・演出家・小説家の「つかこうへい」が著書の中でこのようなことを書いていた。

つかこうへい
つかこうへい

1億円の舞台で輝く女優は、村祭りの舞台では輝けない。

村祭りには村祭りにふさわしい女優がいる。

両者は代替出来ない。

その人にふさわしい舞台でのみ輝ける。

僕は海外4年の生活で、ある程度やれた方だと思う。

オーストリア航空にその作品が描かれるような有名なアーティストにウィーンに招かれアシスタントをしたり、助監督作品が台湾の故宮国立博物院で上映されたり、創った作品がオランダのアート雑誌に紹介されたり、当時30代でアジア人初のルクセンブルクにあるヨーロッパで有名な美術館のサブダイレクターに抜擢されたり、ある映画監督から「戸田恵梨香ちゃんにあげようと思っていたけど、hoshuくんにお世話になったからプレゼントするね。」とプレゼントをもらったり、坂本龍一が遊びに来たスタジオに招待されたり。

全部本当のことなんだけど、日本に帰ってきてからはほとんど誰にも喋ってない。

過去にはあまり興味ないし、田舎の感性とはかけ離れているから。

数人には話したけど「お前、嘘つきだろ!」と言われたこともある(笑)

統合失調症という繊細な感性と、驚異的な発想力、爆発的な行動力、などの才能は一般の世界にはまず理解されないだろうしね。

 

あるアフィリエイターが、

年収1億って言っても、信じない人が多い。

一般的な感覚では年収1000万ぐらいしか想像出来ないからなんだろうな。

というようなことを言っていた。

その人の住んでいる世界とかけ離れていると、自分に理解できない世界は否定や批判して自分の世界観を保つ人が多い。

僕も「仕事出来なさそうな雰囲気」と言われたこともあるけど、それって普通の人がイメージするサラリーマンやビジネスマンとしての能力がないだけであって。

それは認めるけど💦

その外側に広がっている大海ではある程度のことできたと思っているし、否定する人は単に井の中の蛙なんだろうな。

 

統合失調症の陽性症状が出ていると、神経が剥き出しになってしまうような感覚があって、ネガティブな発言を間に受けやすかったりもする。

2017年の入院では、患者さんに「あなたはいかにダメなのか」と言われ、ノートに「自分改造計画」って書かされた(笑)

hoshu
hoshu

あぁ、自分ってダメな奴なんだ・・・

と、凹んでいた時期もあるけど、冷静に考えると、その人も入院しているだけあって発想も病的にネガティブで気にする必要はないんだなって思えるようになった。

統合失調症という「才能」を理解できるほど感性的に優れている人が少ないというだけだよ🎵

これからの時代は、統合失調症という「才能」が世界をより良い方向に変えていくと知っているよ😀

 

コメント