フッと力を抜く感覚が分かった

僧侶という仕事は、普通の仕事よりも、精神的に厳しい場面が多いように思う。

何百人の前で法要を務めたり、葬儀の導師をしたり、その人たちの前でお話をしたりと。

特に、他のお寺のお手伝いに行くときには、帰ってきてから、自分でも驚くぐらいに疲れていることが多い。

何度もそういう場面を経験すると、あるとき、

hoshu
hoshu

あれ❓

今日はそこまで緊張もしなかったな❓

というように、手が震え、声が震えていたような場面でも、普通に出来るようになってきた。

過緊張・過集中からの不安は経験を積み重ねるとなくなる
子どもの頃は、過緊張・過集中はなかった。お寺の子どもで、世間から注目されて、家の法要などで人前に出てお経を唱えることもしていたから、それが当たり前で、普通の人なら感じるであろう過緊張・過集中からの不安も感じなかったのだと思う。...

しかし、依然として、ある程度気は張っているから、終わってからも以前ほどではないけれど疲れていた。

それが、

hoshu
hoshu

完璧じゃなくてもいいや。稽古と思って段々上達していけばいい。

と、気付き、実践してみた。

そうしたら、

hoshu
hoshu

完璧にしなきゃいけない❗❗

と、無意識に強烈に感じていた頃よりも、好い声が出るし、法話でも滑らかに喋れるようになって、仕事が苦痛ではなくなった。

昔は1時間程度の勤行で辛くて、

hoshu
hoshu

早く終わらないかな・・・

と、辛くて辛くて、逃避したくてしょうがなかった。

でも、楽に考えられるようになってから、集中出来て、1時間がビックリするぐらい短く感じるようになった。

 

真剣に続けていれば、いつかは肩の力がフッと抜けるときがやって来る。

キミの年齢では、まだその感覚にはなれないだろうけどね。

と、アドバイスを受けたことがある。

もしかしたら、その「肩の力がフッと抜ける感覚」が、年齢と経験を重ね、ようやく分かってきたのかもしれない。

 

 

お経を唱えるのを難しいと思わずに、お檀家さんの前で、稽古と思って気楽にやれば好い。

そうして慣れると、大きな舞台でも出来るようになりますから。

と、言われたことを思い出す。

厳しいと評判の先生だったから、

毎日稽古して、真剣に研鑽を積んで、出来るようになりなさい。

とでも言われるかと思っていたから、ちょっとビックリ(゚Д゚)した。

その時は、その言葉が腑に落ちなかったが、楽に考えられるようになってから、その先生の言葉の意味がハッキリと分かった。

稽古は本番のように、本番は稽古のように

という言葉もある。

どちらの先生も、精神的に削られた経験があり、それを乗り越えてきたのだろうなということは、想像に難くない。

 

人前に出ると、自分では意識しないでも、緊張してしまいがちだ。

統合失調症で、病的な過緊張・過集中で困っている人もいるかもしれない。

でも、それを乗り越えると、どんな場面でも動じず、自然体でのぞめるようになる。

まずは「肩の力を抜く」「練習と思って気楽に」と意識すると、案外と気が楽になれるかもしれない。