メンタル的なストレスはなかなか気付きにくい

僕は案外とお寺の手伝いなどで出張が多い。

体力的には、車を3時間ぐらい運転して、法要で座っているだけだから、大したことはない。

 

でも、法要での過緊張や過集中で、メンタル的には相当に削られる。

手が震えることもあるし、声が震えることもあり、緊張し過ぎて口がカラカラになって、呂律が回らなくなることすらある。

帰ってきてからは、数日はゆっくり休まないと、メンタル的な疲労は取れない。

脳を酷使して、ダメージを受けている感じ。

 

でも、メンタル的な疲労は自分でなかなか気づけない。

hoshu
hoshu

すべきことああるんだけど、やる気が起こらないなぁ・・・

と、ボーッと過ごすことになる。

しかし、それは、

hoshu
hoshu

怠けていてはいけない!どうにかしないと!

と、無理をしがちだ。

 

実際に、3回目の入院をしたときには、出張続きで、メンタル的な疲れが癒えないうちに、気合いと根性で、無理をして毎日の課題をこなしていた。

その疲れが取れないうちに、次の出張に行っていたから、精神的なストレスが大きくなりすぎて、忙しい時期に眠れなくなって入院に繋がった。

 

何もしたくない。やる気がない」という状態は、心が自己防衛をしている時期だ。

「今は何もせずに休むべき時期だよ」というメッセージだ。

 

これも経験を重ねることで、だんだんと分かってきたことだ。

肉体的、メンタル的な疲れが取れると、自然と「何かしたいな」っていう気分になる。

それまでは、「休むことが今の仕事」って考えて、回復するまで待つと好いみたい。