不安を感じ尽くすと、不安を感じなくなるのかもな

統合失調症になると、特に陽性症状が強いときには感性が剥き出しになったようなイメージがある。

そのために、あらゆる感情を過敏になった神経で強烈に体験することになる。

怒りに関しても、

hoshu
hoshu

自分をコントロール出来ない!
これほどの怒りが自分の心の奥に隠れていたのか・・・

と、感じる程強烈なもので、一般の人では想像すら出来ないような激しい心理的体験かもしれない。

 

不安に関しても同じで、普通の人が感じないことに過度に不安になったり、ちょっとしたことで過緊張になって、どうしょうもなくなったりする。

統合失調症で感じる不安感は、大震災を被災した人よりも大きいと聞いたこともあるし、統合失調症と感情の起伏は大きな問題の1つかもしれない。

 

しかし、最近あまり不安感を感じなくなった。

特にこれといった理由もなく、直感しているのは、今まで過度な不安を感じすぎて、不安を感じる神経が麻痺したような感覚だ(笑)

それは「怒り」の感情も同じだ。

ちょっとしたことで、瞬間湯沸かし器のように怒りが湧いていたのに、あるとき脳が怒りの回路に繋がるのを拒否したのか、それ以降は怒りという感情をあまり感じなくなってしまった。

 

もしかしたら統合失調症で、心理的に苦行して悟りを得ようとしているヨガの行者のような苦しみを受けてきたのかも知れない。

その修行がようやく成就して、不安という苦しみを感じなくなったのかなぁと感じている今日この頃だ。

 

しばらくは不安のない世界で、どう現実が変わっていくのかを観察していこうかと思っている。

コメント