交感神経と副交感神経のバランス

20万部を超えるベストセラーを記録した「免疫革命」の著書阿保徹医師は、

私たちの身体はそう簡単に病気になるようには出来ていません。

と、語っている。

それでも、病気になる人は絶えない。

交感神経と副交感神経

それは、人が「交感神経」を刺激しながら生きているからだという。

交感神経

日中活動する状態をつくるのが「交感神経」

交感神経が働くと、脈が増え、血圧が上がり、血糖もあがる。

そうして筋肉を働かせ活動する。

副交感神経

しかし、夕方あたりからは自律神経のもう1つ「副交感神経」の方が働き出す。

脈を少なくし、血圧・血糖を下げ、休息・睡眠の状態に入る。

自律神経のバランス

人はこのようにバランスを取りながら生きている。

自律神経のメリハリが良い人、つまり日中は「交感神経」がよく働いて、夜間は「副交感神経」がよく働く人は高齢になっても病気になりにくく、比較的元気に生活することが出来る。

自律神経の乱れ

自律神経のバランスが崩れると病気になってましう。

「交感神経」が刺激されすぎると、血管が収縮して血流が悪くなる。

忙しくて疲れている人や悩んでいる人は顔色が悪い。

顔だけではなく、身体のあちこちに臓器障害が出てくる。

忙しさ

ところが現代人はどうしても忙しさに巻き込まれてしまう。

働き盛りの人が病気になる理由は、間違いなく「忙しさ」

睡眠時間を削って夜遅くまで仕事する日々が続くと身体は壊れてしまう。

そういうひとは1日ほとんどを「交感神経」が刺激された状態で過ごしてしまう。

そういう人はいつも脈が多く、血圧も血糖も高い。

 

糖尿病や心臓の病気になりやすいが、病院や薬は対処療法に過ぎない。

交感神経を刺激する「忙しさ」から脱却することが第一。

悩みや怒り

悩んでいる間は、交感神経がずっと刺激されている状態。

また「怒り」の感情も交感神経を刺激する。

なぜ自分が病気になったかを知る

薬を飲んで簡単に解決するかと思ったら大間違い。

自分がなぜ病気になったかを知らないといけない。

理想としては、まず自分の身体について正しい知識を持って、自分で自分の身を守ることが大切。

統合失調症を知ろう!おすすめの書籍

その他オススメの書籍はこちらから🎵