仕事出来る人は休養上手💤:リカバリー重視❗

若い頃は、365日24時間集中力が続くような感覚があった。

羽生善治
羽生善治

小学生の頃から詰め将棋を考えて朝になることがあった。

棋士の羽生善治も、子どもの頃は将棋にしか興味がなかったらしい。

藤井聡太
藤井聡太

将棋をしてないときは、詰め将棋とか将棋観戦でリラックスしてます。

藤井聡太も異次元の解答をしている。

 

 

野村監督
野村監督

野球が上手くなりたかったら356日24時間野球のことだけ考えろ。

10代の頃は、受験戦争の時代で、睡眠時間を削って勉強することは当たり前だった。

若い頃にそういう価値観を植え付けられた。

休まず走るウサギだったら、ぶっちぎれる(笑)

でも、年齢を重ねると集中力も長く続かないし、上手に休むことが仕事が出来る人の条件なんだろうなって思うようになってきた。

仕事が出来る人の言葉とか

大谷翔平
大谷翔平

極力バットを振らないようにしていますね。

なるべく効率よくその日の練習を終えられるように考えています。

シーズン中は鍛錬よりもリカバリーをメインにやってきた。

大谷翔平は、少年時代から睡眠に大きなこだわりを持っていたそうだ。

寝具メーカー・東京西川のオーダーマットレスと枕を愛用する睡眠マニア(笑)

羽生善治
羽生善治

将棋から離れる時間を積極的に取ることにしています。

公園でボーッとしていたり。
江川卓
江川卓

子どもを叱ることはほとんどなかった。

でも、試合前日に寝ているときに、子どもに起こされると、「パパは明日仕事です。」と、パチンと頬を叩いていたぐらいです。

堀江貴文
堀江貴文

睡眠時間が7時間より少なくなると、翌日は集中力がなく使いものにならない。それは経験的に知っていることで、高校生の頃から睡眠を充分にとって集中してやることにしている。

仕事出来る人は休養上手

僧侶で上に立つ立場の人は、ただ真面目なだけではなく、飲み会の席でも場を盛り上げることが上手い人が多い。

常にオンではなく、オンオフのスイッチがはっきりしている。

ボディービルダー

ボディビルの世界では以前は、1日8時間毎日トレーニングしているようなタイプの人が世界チャンピオンになっていた。

それが今では、1日2時間程度のトレーニングで世界チャンピオンになっているそうだ。

筋トレしたら、回復のための時間が必要で、やり過ぎはコスパが良くないということなんだろうね。

仕事出来る人は休養上手

仕事出来るようになるには、休養上手という素質も必要❗

多くの人は仕事ばっかり考えているけど、出来る人は心身のコンディションを保つためにリカバリーを上手に取っている。

これからはもっと休養上手・リラックス上手になれば好いのかも😀

リカバリー重視で🎵

タイトルとURLをコピーしました