スポンサーリンク

低調なときに考えてもネガティブになるだけだから考えない

低調なときというのは、気分も重くなり、全ての発想がネガティブになりがちだ。

普段根拠のない自信に溢れている自分も、体調が万全でなかったり、気分が重かったりすると、入院中の辛かったことをフラッシュバックしてしまって、

hoshu
hoshu

客観的に考えると自分には無理だな・・・

と、ネガティブな思考のループに陥ってしまう。

ネガティブがネガティブを呼ぶと、更に気分は重くなってしまうのは、何度も経験して、最近は「あ、ネガティブだな」と感じたら、考えるのを辞めて、ぼーっとしたり、趣味の韓流ドラマを観たり、睡眠に逃避したりして気分が軽くなるのを待つことが出来るようになってきた。

その「心を整える技術」を身に付けると、深いネガティブに陥らず、低調からの回復も早いから楽だ。

コツは泥沼にはまる前に、抜け出すこと!

 

やがて、思考はポジティブな方向になり、

hoshu
hoshu

待ってたら、状況が変わるかも知れないし、やる気も生まれるかもしれない。奇跡的な幸運が訪れるかもしれないじゃん。

と、楽観的になれる。

 

思えば、僕はこれまで奇跡的な幸運に恵まれているように感じている。

1996年の初回の退院で、ベテランの看護師に「キミは一生病院で生活するのかと思ってたよ。退院おめでとう。」と言われたが、時代が違っていたら、そうなっていた可能性もあったように思う。

時代に恵まれた。

その後も陰性症状が酷い時期に、その時の僕に取っては厳しすぎる僧侶の修行を乗り越えて僧侶の資格を取ることが出来たことも、何か大きな力に導かれたようにも感じている。

また、ちよっとだけパソコンが出来るだけの田舎の僧侶が、北京に呼ばれ、そこで出会ったオーストリアの有名アーティストにウィーンに呼ばれて一緒に映画撮影などの作品を創ったりと、4年の海外生活を無難にこなすことができた。

また同じようなことがあっても、もう海外で生活しようとは思わないが、似たような偶然や奇跡的な幸運というのは、今を頑張って生きていたらやってくるものだと信じている。

 

職業柄年齢を重ねた人と喋る機会も多いが、

人生は本当に何が起こるか分からない。

と良く聞く。

 

これから、何が起こるか分からないよ。

アフィリエイト出来る環境が整って、それで暮らせるようになるかもしれないし、FXで莫大な利益を生むかもしれないし、暴騰以前の水準に戻ったビットコインで億り人になれるかもしれないし、宝くじが当たるかもしれないし。

可能性は0ではない。

希望をいつも心に!楽観的にがんばって行けたらと思っている。

コメント