何も出来ない1日:バックグラウンドで脳がまとまっている!

陰性症状が酷い時期は、何も出来ずに、1日中だらだらと過ごすこともあるかと思う。

以前は、

hoshu
hoshu

こんなんじゃだめだ❗❗ 何かしないと❗❗

という、焦りで、心身のバッテリーが無くなりかけて、不調でも、何かしら活動していた。

 

何も出来ない日は焦りが酷く、

hoshu
hoshu

今日は何も出来ていないから、このまま起きて何かしてから眠らなくちゃ❗❗

と、焦りと不安による悪循環で、疲れている脳を更に酷使してしまっていた。

 

調子の悪いときに起きて何かしようとしても、満足のいく何かが出来る訳ではない💦

ネガティブなエネルギーで動いているから、結果もネガティブになり、やがて無理がたたって、限界がやって来た。

 

hoshu
hoshu

もう、俺はダメだ。何も出来ない。

このまま眠って一生過ごそう…。

と、あるとき自暴自棄になって、ふてくされてずっと眠ることしかしなかった。

しかし!

2週間ほど経つと、無理していた頃には感じなかった、自然なやる気がやって来るようになった。

 

結局、

hoshu
hoshu

何かしなくちゃ❗❗

という、想いがストレスとなって、回復の妨げになっていたみたいだ。

休むのも仕事

実際に、このブログの前身の、統合失調症は治る病気です。を書いている頃は、僕自身陰性症状が酷く、心の軽くなる様々な視点で記事を書いていた。

休むことも仕事」という記事を読んで、2週間ほどで楽になりました。

あんなに何も出来なかったのに…。

というような、嬉しくなるメールはたくさん頂いた。

焦りや不安なしに、のんびりと出来ると回復は早くなる。

氷山の一角のようなもの

何も出来ない1日は、バックグラウンドで脳を休めて、頭をまとめている時期だ。

目に見える活動とは、氷山の一角のようなもので、目には見えない水中では氷山は大きく成長している。

 

何も出来ないことに焦りや不安を持たないこと。

それに加えて、何も出来ない時間や時期を、

hoshu
hoshu

今、バックグラウンドでは凄い勢いで回復している。

と、ポジティブに捉えられるようになると、結果もポジティブになる

何も出来ない1日は、バックグラウンドで脳を休めて頭をまとめている時期