働くからこそ休まれる😀

BEGINのオジー自慢のオリオンビールという楽曲に、働くからこそ休まれるというフレーズがある。

宿題を終わらせてから遊ぶと楽しい😊ように、毎日すべき仕事をこなしたら、リラックスしてゆっくり休める。

BEGIN/オジー自慢のオリオンビール

陰性症状や抑うつのときは休むのが仕事

ただ、陰性症状や抑うつが酷いときは、
休むことが仕事❗❗
だから、最低限のことだけして焦らず無理せずゆっくり休むことが大切❗❗

やがて回復してくると、最低限のレベルが上がってきて出来ることが多くなる。

しばらくしたら仕事をした方が気分的にもゆとりが生まれて、ゆっくり楽しく休めるようになる。

仕事の後のビールが美味しいようにね🍺

統合失調症という絶望と偏見を無くす

今になって思えば、僕のライフワークとしての役割は、統合失調症という絶望をなくすこと、偏見をなくすことだったかもしれない。

父も統合失調症で、昭和40年代の偏見の酷かった時代も知っているし、自身も統合失調症になってとても辛い思いをした。

それも、暗闇の世界から新しい明るさに満ちた世界にたどり着くための試練だったようにも感じる。

Lineグループと署名提出

絶望をなくすことは、統合失調症Lineグループ「すきゾ!」統合失調症 Line家族会☆Pure Light☆ を創ったことだった。

偏見をなくすのは、シルバーリボンの会の義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くしてほしい キャンペーンだ。

2021/03/19年に、文部科学省に署名を提出し、意見交換をして、記者会見もした。

 

全国規模で影響力の強いみんなねっと(全国精神保健福祉会連合会) ですら「文部科学省は署名を受け取ってくれない」そうだ。

それが、☆Pure Light☆にも参加してブログ子どもが精神病になった!母の日々 を書いている森野民子さんが1人で始められた署名活動が、55,000人以上の賛同と協力者を集めて署名提出が実現した。

 

もし僕がLineグループを始めていなかったら、昔のように誰にも相談出来ずに、社会から孤立して孤独に戦っていたかもしれない。

 

2012年に始めたブログの活動が、ここまで大きな流れになったのには振り返ると驚きだ。

統合失調症という才能のきらめき

次の目標は、統合失調症という才能のきらめきを発揮出来るようになることかな❓

もしかしたら、そのための能力は過不足なく与えられているのかもな🎵
幸せ回路作動中😀

 

今までは使命感のものを感じて必死だったから。

まぁしばらくは達成感に浸る。

のんびりと今まで楽しめなかった分を存分に楽しむ❗
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!