共感出来る人と繋がると陰性症状やうつから回復しやすい

陰性症状やうつなどになってしまうと、人と関わりたい気分がなくなり、酷いときには引きこもりになってしまう。

人と関わるのが辛い時期で、無理しているともっと状態は悪くなることもあ。

でも、共感出来る人と繋がっていれば回復はずっと早くなる

 

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 で、こういう感想があった。

LINEグループに参加させて頂いてから3ヵ月で、中程度〜重度のうつが大幅に改善しました。

重度の陰性症状は12年前に改善したのですが、長年うつに悩まされていました。

病気なのは1人ではない感や、コミュニケーション能力アップや私の生きがいの1つに、大変つながっていると感じています。

グループを運営していると、確かに陰性症状やうつから急速に回復する人が多い。

ブログ「プクとプカののんびり自分らしく」を書いているプクさんからも、嬉しい報告が!

プカが長い陰性症状から よくなったのも、Lineグループのおかけです。

最近はよくみんなとおしゃべりしてて、 ありがとうって思ってます。

 いつもご飯作りながら話てて、 微笑ましいです。

プクとプカののんびり自分らしく
パートナーとして10年間、統合失調症と向き合った日々。みんなが生きやすく才能を発揮できる世の中にする!

自分があれだけ苦しんだ重たさから、まるで自動ドアのようにスッと抜け出しているようなイメージ。

それはちょっと羨ましいことでもあり、ある種の驚きでもある。

 

それだけ共感出来る人との繋がりは力を持つってことだ。

合わない人と無理して関わるよりも、一緒に居て心地良い人といればいい。

それが許される時代と環境は整っているから。

統合失調症当事者Lineグループ「すきゾ!」に参加しませんか?
統合失調症の当事者(疑いでもOK)なら誰でも参加出来ます。家族の方はこのグループから独立した統合失調症 Line 家族会☆Pure Light☆へどうぞ。すきゾ!グループは、リアルな交流が盛んです。通話したり、オフ会をしたり、仲良くなった友