スポンサーリンク

力の抜きどころを意識する

統合失調症などの精神疾患になると、頭がごちゃごちゃとしがちだ。

普通の人よりずっと繊細で、同じことでも受け取る情報が多いからだと理解している。

考えることややることが多すぎて頭がまとまらないときは、力の抜きどころを意識することだ。

 

ごちゃごちゃした精神状態は、車で例えるならアクセル全開で走っているようなものだ。

カーブではブレーキを踏んで速度を落とす。

 

野球のピッチャーでも常に全力投球だと長くは持たない。

ここぞ!という場面で力を入れ、そうでないときには力を抜く。

 

経験を積み重ねていくと、自然と力を抜くべき所が分かってくる。

常に全力では精神的にもやられてしまう。

力の抜きどころを意識しよう!

コメント