収益を考えない方が楽💰

このブログの前身の統合失調症は治る病気です。は、2012年から始めて、今日(2020/10/19)に至るまで何かしら活動を続けている。

もう8年・・・。

10年は続けようと思っていたから、もう少し!

 

ブログを始めた当初は、統合失調症に関して情報を発信している人は少なく、あっても「絶望に向かって進んでいます」というような読んでいて気分が落ちるものが多かった。

その状況が嫌で、統合失調症をポジティブな視点から捉えて書着続けてきた。

統合失調症は治る病気です。は、1日平均して2000の閲覧数があって、多いときは4000ページを超えていた。

当時は統合失調症に関するブログでは閲覧数は3年ほどほぼ1位で、飛び抜けていた。

普通のブログでも1日の閲覧数が10,000あると社会にちょっとした影響力を持つと聞いたことがあるし、ある種タブーで人口の1%ほどの統合失調症というジャンルでこれだけの閲覧数があるのはある程度影響力があったのじゃないかと幸せ回路を働かせている😃

今では「統合失調症になったけど希望を持っていこう!」というようなブログが主流になっているし、Twitterでも以前と比べて「統合失調症」や「統失」と検索すると、カミングアウトしている方は驚くほど多くなった。

時代の流れを感じているし、その一端を担えたんじゃないかと自分では思っている。

 

最近は、統合失調症 Line家族会☆Pure Light☆ のメンバーが始めた、義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くしてほしい という署名活動にもちょっとだけ関わっていて、僕の役割は終わったような気がしている。

賛同者は40,000人を超えて、この流れは次第に大きくなって、統合失調症に関する偏見も薄くなっていくのは疑いがない。

小さな活動をコツコツと積み重ねて、これほど大きな潮流となった。

やがては大海にたどり着くのだろうな。

 

ブログを始めた当初は、何とかして収益にも繋がらないかな?とも試行錯誤していたけど、闘病ブログというのは収益になりにくい分野で、収益を求めるならやらない方が好いといわれている。

実際に1番好かったときでも月3万円程度しか稼げないし、収益を求めるとストレスがもっと増えてしまう。

収益を求めると、読解力のない人からは「お金儲けばかりして」というような心ない批判もあった。

でも、ボランティアでやっていると心が折れたらそれで終わりになってしまう。

こういう活動は継続することが1番大切だから。

 

ブログのドメイン代やサーバーの維持費は、任意の募金制で賄えるようになれば好いなって思っている。

120名を超えるようなグループだから、僕のグループというよりは皆のグループだから。

それぐらいの金額は集まるんじゃないかな?

 

ブログの運営も、収益を求めるのもけっこうなストレスだ。

余裕のある人はかっこいい
でも余裕のない人生は燃える

って敬愛しているあいみょんも言っているし、あまり収益のことは考えずに1日1つの記事を書くことを目標にもう少し頑張ってみる❗❗