真剣であれば多少のミスは許される

葬儀式の導師を務めたときのこと。

準備万端で葬儀場に向かった。

が!

ヽ( ;゚д゚)ノアンビリバーボ

位牌を家に忘れちゃった💦

一瞬頭が真っ白になったけど、着替える時間があるので、その間に寺に電話して母に位牌を届けてもらって事無きを得た。

葬儀社の方が

人間だからミスはありますよね。

と、慰めてくれたのが嬉しかった。

真剣にやっていれば多少のミスは許される

僧侶の修行を自分なりに真剣に取り組むようになって、

hoshu
hoshu

真剣にやっていれば多少のミスは許されるものだし、先人も失敗して学んで来た。

ミスしても宇宙は上手いこと出来てるから絶対的な安心感を感じても大丈夫🎵

というようなことを実感している。

肩の力がフッと抜けたような感覚。

失敗したら終わりじゃない。

それを糧として、次に失敗しないように精進することだ。

「大丈夫?💦」より「大丈夫ですよ😃」

例えば、飲みものをこぼしたときに、「え?大丈夫?💦」と言いたくなるかもしれない。

それって突き放しているし、しかもお互いを焦らせる。

でも、その時に「大丈夫ですよ😃 店員さん呼んで拭くもの頂こう。」って言うと相手も安心するし、焦りも不安もなく問題はより簡単に解決する。

ちょっとした言葉の使い方だけど、これだけでも何かが変わるよ❗❗

完璧主義は辛い😢

完璧主義が強かった頃は「ミスは絶対にしてはいけない」と思っていた。

ミスをしたら、自分を悔やみ苦しかったから、努力も人一倍した。

完璧主義が活動の力となったことは否めない。

でも、ストレスの大きな生き方だったし、常に不安と焦りと戦っていたように思う。

不安と焦りで上手くいくはずないのにね(笑)

完璧はな人間はいないのに、完璧を求めるという矛盾💦

完璧主義を離れると、絶対的な安心感を感じやすくなるからオススメ✨

コメントはこちらから

タイトルとURLをコピーしました