スポンサーリンク

夢中から醒めるとき:ゼロにしたら積み重ねたものがもったいない

今まで、夢中になって来たことってなんだろう?

  • 高校の時のバスケットボール。
  • 統合失調症になってからのピアノ。
  • ブログを書くこと。
  • Lineグループを大きくすること。

こういうことに夢中になってきた。

でも、パターンとして夢中から醒めると、次に夢中になることを探して、今までやってきたことをゼロにしてしまっていた。

でも、それって今考えるともったいない。

積み重ねてきたものが、時を経るとゼロに近くなってしまう。

ピアノも3年ぐらい相当夢中になって、プロ目指すの?というような勢いで毎日練習していて、

こんなに短期間で上手くなる人はいない!

と先生に言われたことがある。

でも、あるとき興味を失って、それから全く弾かなくなって15年ぐらい経った今は全く弾けなくなってしまった😅

上達しようというより、維持できればいいやという程度に弾いていれば、今でもレベルは保てていて、また夢中になれるときがやってきたのかも知れないなと考えると、相当にもったいない。

 

今は、ブログを書くことやLineグループを大きくすることに多少飽き始めている。

全くやめようかなとも思ったけど、また夢中になるときがやってくるかもしれないから、ブログはボチボチと続けていこうかと思っている。

Lineグループは、お陰さまでブログを更新しなくても微増していくようになったから、これからは夢中から醒めて、維持していくぐらいでのんびりとやっていければ好いかな🎵

 

夢中から醒めても、全く辞めるのではなくて、維持する程度にやっていれば、やがてはまた夢中になるときがやってくるかもしれない。

そのときは、以前より人生の経験値も上がっているから、新しい世界にたどり着けるかも知れない!

コメント