失敗ばかりで楽しい人生だったろう🎵失敗したらやり直したらいねん(・∀・)イイネ!!

ある起業家がいる。

その人は事業が立て続けに4つほど立ち上げたが、どれも失敗・・・。

失望の中で、「世の中には成功者という人がいる。そういう人に会って成功の秘訣を教えてもらおう」と閃いて、色々な経営者に話を聞いたそうだ。

あるとき、

4つも事業に失敗したというが、失敗ばかりで楽しかっただろう❗

と、言われたそうだ。

どういうことかというと、

失敗すると学べたり気づけたりするから好いんだ。

ずっと失敗し続けたらどうなのですか?と聞くと、

学ぶこと、気づくことばかりの人生になる。

こんなに楽しいことはないよ❗❗

そういえば、本田宗一郎も似たようなことを言っていた。

本田宗一郎
本田宗一郎

「失敗」が人間を成長させると私は考えている。

失敗のない人なんて本当に気の毒に思う。

人生に失敗がないと、人生を失敗する。

ガッツ石松「不撓不屈」

ガッツ石松という元ボクサーが居る。

テレビで見ると天然で面白いおっさんだけど、当時は人気が凄かったらしい。

ライト級でアジア初の世界チャンピオンになったり、ガッツポーズの語源になったり、リング上で最初に子どもを抱いたりと、相当に影響力が大きい方だ。

何がそれほど日本人の心を掴んだかというと、「不撓不屈」の精神なんだろうと思う。

チャンピオンになるまで、42戦26勝と、11回負けて5回引き分けている。

引き分けは負けに値し、「負けたら死んだと同じ」という言葉もあって、チャンピオンになる人はほぼ負けなしの人が多い。

ガッツ石松
ガッツ石松

負けたことによって、何かを俺学ぶ人だったんだね。

俺はね、失敗したことは2回繰り返さないのが、ガッツさんのいいとこなんじゃないの❓

自分で自分を褒めたいね。

だから同じ選手と戦って2度負けてないよ。

次には必ず勝ったから。

負けたら悔しいんだよ。

悔しかったら「なぜ負けたか?」を自分で布団に入って考えればいい。

自分が負けた相手に勝つって、なかなかに難しいことだ。

負けても負けても立ち上がる「不撓不屈」の精神が日本人の琴線に触れたのだろう。

失敗したらやり直したらいいねん

若い頃は、失敗しないようにという意識は強かった。

失敗して学ぶものだから、失敗を笑ってはいけない。

そう言われてハッとした。

過去のない偉人はいないと言われるように、誰でも失敗を経験するものだ。

千賀滉大

千賀滉大
千賀滉大

野球って失敗するスポーツですし、思うようにいかないことがたくさんある。

また次、同じ失敗、ミスをしないように、反省して、なんで失敗したのか分析して、同じミスをしないようにすることが大事なこと。

同じミスをしないように、物事を前向きに考えられるようになると、どんどん成長していける。

ミスすることは当たり前。

ミスを怖れず突き進む方が重要な要素。

統合失調症という大失敗💦

以前は、統合失調症になったことに関して昔は酷い失敗だと悲観していた。

今では笑い話として話せるけどね(笑)

自分がアイドルだと思って、街をフラフラさまよったり。

車道に寝転んで車を止めたり🚔

赤信号で停車した車の助手席のドアを開けて乗り込もうとしたり💦

テレパシーが使えるようになった!と興奮したり。

陽性症状全開でホストクラブでバイトしたことも・・・。

我慢できない強烈な便意で便失禁したのも、暗黒の歴史だ(苦笑)

失敗したから人を救える

でも、普通の人では出来ない感覚を経験出来たことは、確実に自分の糧になっている。

清原和博
清原和博

人生で大失敗をしてますから。本当に何度でもやり直しはできると思います。

過去は変えられないですけど、未来は変えられると思っている。。

これから多くの人の心を救えるようになるのじゃない❓
幸せ回路作動中💕

野村監督
野村監督

勝ちに不思議の勝ちあり。

負けに不思議の負け無し。

確かに調子が好いときって、修正する必要性を感じないから、学ぶことが少ない。

失敗から学ぶことは多い。

年齢を重ねる利点

歳を取ると可能性が無くなるというよりは、無駄な方向に進む必要が無くなるってことだよね🎵

年齢・経験を重ねて、今までの失敗から多くを学んで、上手く行く確率が上がる❗

良く、「昔に戻れたら違う道を選んだのに・・・」と後悔することもあるけど、それはその失敗を経験して来たからそう言えるだけでね。

転ぶのは恥ではない。

転んだままでいるのが恥。

必ず成功できるとは限らない。

しかし、必ず成長することは出来る。

失敗は楽しいこと!失敗を怖れずに進もう!

コメントはこちらから

タイトルとURLをコピーしました