好調のときほど抑える感覚を覚える

統合失調症の回復期では、基本的に低調なことが多い人が多い印象がある。

それでもたま~に好調な時期はやってくる。

好調になった嬉しさと、今まで出来なかった分をとり返そうと思うのか・・・。

ついつい無理をしすぎてしまう。

好調だからと、力加減を考えずに進めるだけ進むと、ほぼ確実に反動で不調になる。

上がりすぎると、自分が神になったかのような感覚もやってくるのだけど、それってかなりレッドゾーン・・・🔥

脳を酷使しているということだから、回復のために長い睡眠や休養と、脳が自己防衛的にやる気をシャットダウンしてしまい、かなり低調になってしまう。

好調のときほど抑えられるようになる

しかし、それを何度も繰り返すと好調なときにでも、

hoshu
hoshu

あ、このまま進んだらヤバいな・・・。

調子好いけど寝た方が好いな・・・。
o(`・д・´)oウン!!

という感覚が分かるようになり、ある程度力を抑えて活動することが自然と出来るようになる。

ベテランの投手が、常に全力で投げずに勝負所で100%の力を出すようなものなんだろうね。

主治医
主治医

野球のピッチャーでも調子が好くて160kgのボールが投げられるときにはどうしても投げたくなるんだよね。

でもベテランになって経験を重ねると、力の抜きどころが分かるようになるのだろうね🎵

好調なときほど力を抑える!

その感覚が分かると、好不調の波は相当に穏やかになる。

上がりすぎないし、下がりすぎない。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
⬆️ ポチッとみんなの応援が力になります (*^-^*)

好不調の波
僕らが創る世界が、すきゾ!

  1. のりこ より:

    香川県高松在住の統合女子です。本当に好調期程休息の大切さを痛感します。
    私自身も20歳の頃ハイド似の彼氏と大恋愛して過労で再発。その後またイケメンから告白されて付き合い、過労から再発入院しました。恋愛では妄想など病状悪化する事も経験から学びました。
    今は、厚生省の方からリカバリーの教科書頂いてリカバリーしてアクセサリー作家。パラリンピックアートで絵画描いています。

    • hoshuhoshu より:

      こんにちは。好調期ほど抑えること必要ですよね💦
      アクセサリー等のアート活動頑張って下さい💪

タイトルとURLをコピーしました