就寝時に充足感・満足感を感じたら1日にすべきことをしたというメッセージ

夜になって、充足感・満足感を感じられたら、それは1日にすべきことはすべてやれたというメッセージみたい。

陰性症状が酷い時期も陽性症状で気分が高揚しているときにも、穏やかな気分はなかなかやって来ない。

就寝前は潜在意識と繋がりやすい

就寝前・起床後は頭が働かず、潜在意識と繋がりやすいそうだ。

寝るときにネガティブな感情で寝てしまうと、それが潜在意識に刷り込まれる。

以前は、ネガティブなことを考えて、脳がそれから逃避するために無理矢理に睡眠に逃避するというような酷いことをしていたが、だから陰性症状の期間が長くなってしまったのだと思う。

意識より深いレベルの潜在意識がネガティブに支配されてしまっていたから。

 

だから、寝る前は出来るだけ1日で楽しかったことや達成したことなど心がウキウキするようなことを考えるようにする。

ちょっとしたことでもいいから。

それが習慣になると、潜在意識もウキウキした波長になって、現実の世界でもそれが投影される。

波長が高くなると、朝起きても気分が重くなることはなくなる。

hoshu
hoshu

眠る前に充足感・満足感を感じることを目標としよう!

それは、自分が正しい道にあるということの道標