常に100%の力を出す必要はない。60%ぐらいでOK🎵

僕は完璧主義的なところがあって、何しても自分の持てる力を100%出して活動していたように感じる。

そのために、気が休まる暇が全くなかった。

とても疲れやすかった。

ミスして自信を失ったりもしやすかった。

統合失調症はリミッターを外せる才能

統合失調症は脳のリミッターを外せるような才能があると思う。

普通の人の脳が、

これ以上は無理…

と感じる場面でも、リミッターを外し、限界まで突き進めるという感じ。

統合失調症と過集中:統合失調症は脳のリミッターを外せる「才能」
統合失調症になると、集中力の低下で苦しむ人が多いが、それはもしかしたら過集中の反動であるかもしれない。実際にLineグループでも、自分の好きで得意な分野に関しては驚異的な集中力を発揮する人が多い印象だ。神が降りてきたかのような感...

リミッターを外し、脳が過剰に働くということは、自分では100%の力を出しているつもりでも、実は脳には120%の負荷が掛かる、オーバーヒートに近い。

80%の力配分でやろうとしても、それは普通の人の100%の力と同じかもしれない。

100%の力が長い間続くわけはない。

力の抜きどころが重要だ。

力の抜きどころを意識する
統合失調症などの精神疾患になると、頭がごちゃごちゃとしがちだ。普通の人よりずっと繊細で、同じことでも受け取る情報が多いからだと理解している。考えることややることが多すぎて頭がまとまらないときは、力の抜きどころを意識することだ。...

僕らはむしろ、意識的には60%ぐらいの力でやると、普通の人の80%程度の力を発揮して長い間、高いレベルで活動出来るのかもれしない。

6割の力でやるぐらいがちょうど好いんじゃないかな?

6割の力でがんばるぐらいがちょうどいいんじゃないかな?
ある米作農家の方が息子にこのようにアドバイスしていた。米作りは80点を目指すぐらいがちょうどいい。人間の手の及ばない「自然」を相手にする農家の方だからこそ、長年の経験でそういう理解に至り、それは僕らの生き方に...