怒りは相当に根深い・・・

僧侶の修業中の講義で今でも印象に残っているものがある。

佛となるには48の段階があると言われてます。

その第1段階が、怒りを無くすことです。

でも、親が目の前で殺されても、子どもが目の前でも殺されても、怒りを感じない人はいないでしょう❓

結局私たち凡夫には怒りを無くすことすら無理なんですよね。

例えば、祖父はいつも穏やかな人で、地域の尊敬を集めて、怒りとは無縁の人だと思っていた。

しかし、年を取って身体が動かなくなってくると、ちょっとしたことでイライラするようになって驚いたことがある。

怒りというのは、タマネギの皮を剥くようなもの。

心の課題はタマネギを剥くようなもの
不安を感じない世界に入ったと思った。しばらくは、不安を感じなかったのだけど、今日になってまた不安感がやってきた。今まで感じなかったような漠然とした不安感。不安の奥に隠れていたより繊細な不安が表面に出てきた感じ。心の課題はタ...

1つの大きな怒りを感じなくなったら、その奥にある更に繊細な怒りが課題となるイメージ。

僕は統合失調症になって、常に病的な怒りがあった。

激怒と言うより憤怒。

イライラするときも、体中がイライラに支配されるような💢

でも、あるときに怒るのに疲れてしまったのか、それ以降は怒りという感情に繋がらなくなった。

イライラや怒りという感情がほとんど分からなくなった。

でも、その穏やかな状態でしばらく過ごしていると、タマネギの更に奥の皮が見えてくるのか、イライラする状況が目の前にやってくる。

その都度、イライラしないように、自分の心のあり方を問い直すということを繰り返してきた。

それを解決すると、

hoshu
hoshu

もう大丈夫。

僕はイライラすること一生ない❗

って感じるのだけど(笑)

そんなことはみたい。

常に次の課題が用意されている💦

怒りは自然な感情だから、それを無くすって無理ではないかもしれないけど、相当に難しいよね😅

怒りやイライラは自然な感情:NOという無意識の叫び
統合失調症と易怒性統合失調症になると、易怒性という症状もあって、強烈な病的な怒りを感じることもある。初回の入院で地獄を垣間見て、hoshuあの苦しみが世界にあることが許されるのか!と、抑圧された強烈な怒りをずっと感...

タイトルとURLをコピーしました