怒りや不安や焦りなどの対極に「満足感」があるのかもな

診察日だった。

主治医とはもう22年間毎月のように会っているから、世間話になることが多い(笑)

調子はどうですか?

hoshu
hoshu

だいぶ安定してきてます。

と、挨拶が住むと、今日はお寺の経営の話になった(笑)

病気とは全く関係ない(笑)

これから寺院数は半分になるというから、競争になって合併吸収になるんだろうね。

病院もそのうちそうなっていくかもね。

診察時間は毎回20分程度で、世間話に終始していることもある。

たまに、早く終わんないかなとか思ったりも(笑)

 

一通り寺院経営・病院経営の話が終わると、今年の目標として、

hoshu
hoshu

今年1年は結果を求めるよりも満足感を求めたい

と、昨日考えたことを話してみた。

積み重ねるのは結果ではなく、満足感🎵
最近は満足感・達成感・爽快感などの気分を感じることが多くなってきた。 今まで必死になってブログ書いたりLineグループの運営をしていたのだけど、それが最初の収穫の時期を迎えようとしているという理由が...

すると、

満足感って、気分が好いときで、むしろ陽性症状に近くないと感じられないんじゃない?

 

と、言われた。

確かに陽性症状で感じる、全知全能の神になったような爽快感は経験したものにしか分からない感覚だと思う。

でも、そこには「楽しすぎる!」という興奮はあっても、今感じているような穏やかな満足感を感じることはなかった。

hoshu
hoshu

怒りや不安や焦りなどを1つ1つタマネギの皮を剥くように解決していったら、最後に残るのは、穏やかな満足感じゃないのかなと思ってます。

不安はまるでタマネギを剥くようなもの
不安を感じない世界に入ったと思った。 しばらくは、不安を感じなかったのだけど、今日になってまた不安感がやってきた。 今まで感じなかったような漠然とした不安感。 不安の奥に隠れていたより繊細な不安が表面に出てきた感じ。 ...

タマネギの皮剥いていったら、最後には何も残らないじゃん(笑)

そこまで行ったとしたら、もしかしたら怒りや焦りや不安を感じることに満足感を感じていたと思うかもしれないよ。

僕は、そこそこの幸せ、そこそこの満足感を感じながら1年過ごそうと思うよ。

やはり年齢が僕より20歳上で、精神科医だけあって、洞察が深い。

 

でも、どうなんだろうね。

僕が穏やかな心地良い満足感を得られるようになったのは、1枚1枚丁寧に不安の皮を剥いていって芯に近いところまで心を高められたからだと思っている。

統合失調症で過敏になった僕らが感じる怒りや焦りや不安感は、もしかしたら想像を絶する程のものかもしれない。

でも、やがては振り子は逆に振れて、何もしなくても穏やかな満足感を感じられるようになり、それが現実にも投影されていくものだと思っている。

怒りや不安や焦りなどの対極に満足感がある

 

コメント