意欲の低下・面倒な気分は脳の自己防衛機能

意欲の低下や面倒な気分で何も出来ないときには、「どうにかしないと!」「こんなんじゃダメだ!」と重たい意識を無理矢理に動かして無理をしてしまいがちだ。

それで、結果が望むべきものになることは少ない。

ネガティブなマイナスのエネルギーで無理矢理自分を動かしているのだから結果もマイナスになってしまいがちだ。


意欲が低下したり面倒な気分は、それ以上の脳を酷使しないための自己防衛機能なんだろう。

だから、その時期は無理して活動するよりも休むことが大切!

脳の省電力モード

意欲の低下や面倒な気分は、例えるなら、スマホのバッテリーが少なくなって省電力モードになっている状態だ。

そうなったら1番スマートな解決法は、充電器に繋いでフル充電してからスマホを使うことだろう。

充電の切れかけたスマホで同じように使ってしまうと、いつ充電が充電が切れて動かなくなるか不安を感じながら使わないといけないし、最悪の場合バッテリーがなくなって全く使えなくなってしまう。


意欲の低下や面倒な気分があるときは、脳が「充電が必要だよ!」とメッセージを発して、省電力モードに移行しているようなものだ。

だから、このときは残り少ないバッテリーで活動をしてしまうと最悪の場合活動停止となってしまう。

1度活動停止してしまうと、回復までには相当な時間が掛かってしまう。

だからこそ、この時期は、出来るだけ早くフル充電されるように、ゆっくり休んだり、のんびりしたりリラックスしたり、美味しいものを食べたり、好きなことをしたりして、脳の疲労を回復することがスマートな解決法だろう。

やがてフル充電されると、「したい!」という意欲が湧いてきて、フル充電モードになって脳の回路が再構築されるから面倒な気分も感じずに、ポジティブにプラスのエネルギーで活動出来るようになる。

ポイント

「意欲の低下」「面倒な気分」は脳の自己防衛機能

コメント