感情や気分はナビゲーション

ウィーンでアーティストのアシスタントをしていたときに、

edgar
edgar

プロジェクトが決まったら本当に楽だ。

お金の心配はしなくていいし、創作活動を純粋に楽しむことが出来るから。

というようなことを言われたことがある。

彼にとっては、純粋に創作活動を楽しむとこが心から求める道なのだろう。

頭ではなく、直感や気分に従う

今自分がやっていることが正しい道にあるのかどうかは、頭で考えるよりも、感情や気分という直感に従っているかで判断出来る。

正しい道にあるときは、「満足感・充実感・達成感・爽快感」などのポジティブな感情や気分になる。

逆にいくら論理的に正しいと思っても、不安になったり苦痛だとしたら、それは本来の自分が求める道ではないってことだ。

快を感じたらストップ!

あるボディビルダーが練習のコツを聞かれたときに、このように答えていた。

身体作りのコツは、トレーニングして「快」を感じたら、そこでストップすること。

そしたら、次の日もまた「快」を得たいモチベーションになって、長く続けられる!

「快」を感じたときに、そのまま続けて「不快」になってしまうとダメらしい。