スポンサーリンク

根底に「何もしたくない」気分があるのだと思ってたけど…。

僕の根底にあるのは「何もしたくない」「誰とも関わりたくない」というような気分だとずっと思ってきた。

いつかはその気分も改善するものだと信じてやってきたが、統合失調症を発症してから22年も経って、それじゃやばいなと感じて、根底にある意識を変える必要があるのかもと、考えてみた。

でもと、けっこう色々なことをしてきたし、色々な人とも関わってきた。

僧侶の資格を取ったり、4年の海外生活をしたり、Lineグループを創ったり、各地でオフ会を開催したりと、行動的な面もある。

普通の人は経験しないようなことも経験している気がする。

自分で「何もしたくない」「誰とも関わりたくない」という思い込みで世界を観てきたから、そう感じていただけで、もしかしたら普通と変わりないぐらいなのかもしれない。

hoshu
hoshu

そういえば、やる気のあるときも、人と関わりたい気分のときもあるなぁ?

と、気付いたら、世界が変わった。

楽になったし、これからは、「やる気のある自分」「人と関わりたい自分」という視点から見つめ直して、それを積み重ねていって、人生を進めていけばいい!

もしかしたら、「何もしたくない」「誰とも関わりたくない」気分で気が滅入っている方も視点を変えてみると、世界はちょっとだけ変わるかもしれないと思う。

コメント