目の前には常に1つ高いハードルが用意されてる

これまでの人生を振り返ると、目の前には、常に1つ高いハードルが用意されて、それを乗り越える挑戦を続けてきた印象がある。

海外生活しかり、僧侶の研鑽にしてもしかり。

まるで、コース料理のように、1つの料理を食べ終わると、次の料理が出てくるように。

ベストなタイミンクでやってくるから、不思議に感じることもある。

でも、それは人生の大きな流れに乗っているということだろう。

 

今は低調な時期だ。

次のハードルを越えるための力を蓄えているのだろう。

 

千代の富士
千代の富士

目標は向こうからやってくる

と、昭和の大横綱千代の富士は言っていたし、

イチロー
イチロー

目の前にある小さな目標を乗り越えることで、やがては信じられないような結果に結びつく。

というようなことをイチローは言っていた。

目の前にやってきたハードルを越えることで、精神的にも少しずつ成熟しているような印象がある。

何度も陽性症状になったけど、その度に新しい、深い学びがあるし、陰性症状の時期が終わると次なる目標がみえてくる。

そう考えると、統合失調症というのは、普通の人ではたどり着けないほどの、精神的な成熟をやがては得られるのかもね。