心からの想いが原動力:真剣になると道は開かれる

hoshuを推してね💕
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 
ブログランキング参加中です✨
聲明が上手くなりたいと心から願っている

1時間程度の法話をしてくれと頼まれたことがあった。布教の勉強はしていないからと丁重に断ったのだけど、

今すぐじゃない、1年あるからその間勉強して来なさい

と、言われ、大先輩だから渋々ではあるが話を受けることになった。1年前からそのことが気になって、関連する本を大量に購入して、自分なりには相当頑張った実感がある。

しかし、結果は大惨敗。取り敢えずノルマの1時間喋っていただけで、いびきをかいて寝ている人も居たし、2度と法話を頼まれることはないだろう😢

自分なりに真剣にやっているつもりではあったのだけど、心からの想いではなかったのだよね😢

聲明が上手くなりたいという心からの想い

最近は聲明というお経を上手く称えられるようになりたいと心から想っている。

元々、聲明を始めたのは知恩院というお寺で聞いて、「カッコいい!」と感動して、全く勉強する機会はなかったから聞いたものを自分なりに称えることとかはしていた。ちょっとかじった今は、当時相当変な唱え方してたんだなと微笑ましく思い出す。

いつかは勉強したいなと思っていたら、そのチャンスがやってきて、10年ほどは勉強会に行って全ての講座を録音して、帰ってから編集して、ほぼ毎日家で留守番だからランダムで聞いていた。

10年ほど経つと最初は全く分からなかったのが、ちょっとだけ「あ、こういうことか!」と分かるところが出てきて、そのタイミングで大阪の勉強会に誘われた。

自分にしたら、リモートでも参加出来るし、地理的な制約もなく最高峰の講義を受けられることが有難いと感謝している。先生も若くはないから元気な内に可能な限り教えて貰いたいと、自分で驚くほどに真剣になっている。

この心から上達したいというのは、高校の頃のバスケットボール部の頃の感覚と似ている。バスケットはめっちゃくちゃ楽しくて、時間があればずっと体育館でボールを触っていたかったし、午後の授業になるとバスケがしたくて身体がウズウズしてた。

毎日1番最初にコートに入って練習して、皆が帰った後も遅くまで1人で個人練習をしていた。高校から始めたバスケットボールだったけど、3年生の時にはチームの中心選手でキャプテンにも選ばれた。

それだけ夢中になっていたからか、ファンクラブが出来るぐらい人気があった(笑)そのときはバスケットに夢中でそんなことどうでも良かった。ただボールに触って、シュートが決まったときのシュッという音が大好きだった。それだけ夢中になってる男子は女子にとっても魅力的に映ってたのかもな。

自然と24時間考えるようになる

野村監督
野村監督

野球が上手くなりたかったら野球のことを24時間考えろ!

野村監督は言っていたが、無理に考えようとしてもあまり結果は出ないみたいだ。

心から望み、本当に真剣になると自然とどうすれば上達するか、それこそ24時間考えるようになり、道は開ける。

そして、その真剣な姿は色々な人の目に留まり、チャンスは向こうからやってくるようになる。

真剣になるということ

真剣になると、知恵も出るし、運命に導かれているかのような感覚になる。

まず「想い」があり、その想いを叶えるために創意工夫や技術が磨かれ、それがやがて形になる。

統合失調症当事者Lineグループ「すきゾ!」

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 も、あの絶望を無くしたいと心から願った結果なんだろう。

今(2024/06/09)現在252名の参加者があるし、ピアサポートグループとしては国内最大級に育った。その分管理は大変だし、ピアサポートが日本では職業として成立していない社会的な状況から、ほぼボランティアで時間とメンタルを削りながら運営している。

すきゾの!仕組みは、たくさんの知恵の結晶だと思いますよ。

私じゃ、できません。

運営に疲れて惰性で嫌々やっていた時期もあるけど、「絶望をなくしたい」というのは心からの願いだったのだろう。自分が真剣になってないと思っていただけで、実際は相当に心を寄せて真剣になって知恵も出て、賛同者も増えたということなんだろうね。

海外時代の不思議な経験

海外時代は、天安門の前で撮影不可能と思われていた映像を撮れたし、オランダ在住のアーティストと共同制作した作品はオランダのアートマガジンに掲載されたし、ずぶの素人が映画撮影に参加したりと・・・。

今考えると、ある程度真剣に生きていたから、宇宙が味方してくれたのかもしれない。

統合失調症を希望に変える

僕が断続的ではあるけど、2012年から今までブログを更新してこれた。1番大きなモチベーションは、統合失調症という絶望をなくしたい!という思いだった。

今は統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 も252名(2024/06/09)。自分の中では「統合失調症 = 絶望」ではなくなりつつあって、むしろ普通では学べないような大きな学びも能力も与えられて、神様から与えられた福音のようにも感じることが増えてきた。

次は統合失調症という純粋で繊細な才能を活かして、社会の中で活き活きと活動する人が増えるようにというのが大きな目標だ。

義務教育で精神疾患を教えて欲しい

統合失調症 Line家族会☆Pure Light☆ のメンバーの方が中心となって、義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くしてほしい という署名活動も55,000筆以上を集めて文部科学省に提出することが出来た。

奇跡のような出来事だけど、これは家族や当事者の真剣な思いだからか、賛同者も協力者もドンドンと増えた。

武田信玄
武田信玄

真剣になると知恵が出る。

中途半端だと愚痴が出る。

やる気がないと言い訳が出る。

心から望むことは実現する。
真剣になれば、道は必ず開ける!

コメントはこちらから

hoshuを推してね💕
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 
ブログランキング参加中です✨
タイトルとURLをコピーしました