真剣になると道は開ける

1時間程度の法話をしてくれと頼まれたことがあった。

布教の勉強はしていないからと丁重に断ったのだけど、

今すぐじゃない、1年あるからその間勉強して来なさい

と、言われ、大先輩だからその話を受けることになった。

1年前からそのことが気になって、関連する本を大量に購入して、自分なりには相当頑張った実感がある。

真剣になると道は開けるらしい。

 

野村監督は、

野村監督
野村監督

野球が上手くなりたかったら野球のことを24時間考えろ!

というようなことを言っていたが、真剣になると自然と24時間そのことばかりを考えるようになる。

統合失調症を希望に変える

僕が断続的ではあるけど、2012年から今までブログを更新してこれた。

1番大きなモチベーションは、統合失調症という絶望をなくしたい!という思いだった。

今は統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 も100名を超える参加者があり、自分の中では「統合失調症 = 絶望」ではなくなった。

次に考えているのは、統合失調症という純粋で繊細な才能を活かして、社会の中で活き活きと活動する人が増えるようにというのが目標だ。

義務教育で精神疾患を教えて欲しい

統合失調症 Line家族会☆Pure Light☆ のメンバーの方が中心となって、義務教育で精神疾患を教えて偏見を無くしてほしい という署名活動も水面下で進んでいる。

これは家族の真剣な思いだからか、賛同者も協力者もドンドンと増えている。

真剣になれば、道は必ず開ける!