睡眠障害の改善はストレスを減らすことが王道!

長い間、睡眠障害に苦しんでいる。

22歳で発症してから40歳を過ぎるまでは過眠傾向が酷かった。

その時期が過ぎると、不眠と過眠を繰り返すような状態。

今でも、普通の人のように朝起きて寝るということが困難なときもある。

頭が非常に疲れやすく、日中昼寝をしないと保てない。

睡眠リズムもバラバラで昼夜逆転とまではいかないものの、かなり生活は不規則になってしまう。

 

そういう経緯もあって、睡眠にはかなり気を使っていた。

睡眠環境を整えることだったり、様々なサプリメントを試すことだったり、スマートウォッチ FitBit Charge 3で睡眠モニターをしたりと。

それで多少は改善されることもあるが、根本的な解決には繋がらなかった。

 

最近は心が穏やかになってきて、精神的な成長はもうこれ以上求めないでも好いのではないか?とすら感じるほどに好い状態になってきた。

すると、ぐっすり深く眠れて、日中も容易に集中することが出来て、睡眠に逃避する必要がなくなり、生活リズムが嘘のように整い始めた。

 

今までは目に見えることにばかり気を取られていたように思う。

目には見えないけど大切な、心の健康、自然体な心の在り方を整えることが睡眠障害を改善する1番の王道だと気付いた。

もちろん睡眠環境を整えるなどの目に見えることも大切だが、睡眠障害は「何か無理してるよ」という心のメッセージと捉えて、自己を磨くことが大切なことだ。

睡眠障害はストレスを軽減するのが王道

コメント