笑顔でいられることは非常に大切

症状が悪く陰性症状やうつが強いと笑うことが難しくなることもある。

心が平坦化したというのか「楽しい😊」という気分が分からなくなる。

笑顔の人は回復が早い

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 では笑う人は回復が早い印象がある。

ストレスの多い関係では、周りに引きづられるからSNSなどには参加しない方が良いという医師もいる。

確かに、以前は精神疾患一般のメンタルグループに参加していたこともあるけど、皆で乗っている船をうつの人が船底に穴を開けて沈没させようとしている雰囲気もあった。

そこはストレスが大きくてやめちゃったけどね💦

人間が密な関わりを持てるのは、150名から250名の間というダンバー理論というものがある。

この数は人が一生のうちに埋まってしまうから、ストレスの多い関係は出来るだけ断捨離した方が良いのかもな。

一緒にいて、楽しく心地良く笑顔になれる人と関わることが普通の人以上に重要になるかもな。

人間関係も断捨離が必要な時代
1993年に人類学者ロビン・ダンバーが提唱したダンバー数という理論がある。霊長類が親密なグループを築くには、大脳皮質に関係し、人間が円滑に安定して維持できる関係は150名程度だという理論。150名という値がよく用いられるが...