あくまで、個人的な見解のため、すべての人に当てはまるものではありません。
詳しいことは、主治医や薬剤師など、専門家にご相談ください。

医師はそれほど薬に詳しいわけではない

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 では、

詳しくは医師に相談してみて下さい

というような発言が頻繁に出る。

医師至高主義(笑)

医師はそれほど薬に詳しくない

でも、医師が薬に詳しいかというと、実際のところそうでもない💦

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 で得た最新情報は主治医も知らないことも多々ある。

 

基本的に、数値データからではなく、患者の症状から、経験と直感で使う薬や量を決めるだけだし😅

医師
医師

それが医学と言えるのか?

と、精神科医を医師として認めない風潮も医療界にはあるそうだ。

製薬会社の研究員

薬については製薬会社の方が詳しい。

主治医も製薬会社の社員から情報を得ることもあると聞いた。

確かに、以前グループの家族会に製薬会社の研究員がいたことがあるが、

医師は薬に関しては全く知識がないよ。

作用機序を知っていたら、向精神薬は長期的に使用できないはずなのに…。

と嘆いていた。

医師より薬剤師

むしろ薬剤師の方が薬全般の知識があるから、困っていることなどあれば薬剤師に聞くこともおすすめだ。

副作用などの症例は、薬剤師の人に聞くと、いろいろ教えてくれますよ。

 

医者の受診みたいに、時間が短かいこともなく、ゆっくり話もできて良いですよ。

 

薬剤師も合う合わない、当たりハズレがあるので、いろんな人に話を聞くと、良い人が見つかりますよ!

かかりつけ薬剤師」という制度もあるので、使ってみてください。

薬剤師の人、薬全般なので、全身を見れるので、いろんな相談に答えてくれて、すごく重宝してます。

どの科にかかれば良いか分からない時とか相談しますよ。

自分で薬のことを調べるのも大切!

Lineグループを運営していると、最新情報を含めた色々な薬の情報を得ることが出来る。

それを読むだけでも、普通の人よりはずっと薬には詳しくなるし、不勉強な医師よりも知識は身につくかもしれない。

 

薬については、医師任せにするのではなく、自分で調べることも大切だ。

今は選択出来る薬もたくさんある。

Twitterなどネット上で薬の感想・効果・副作用など簡単に調べことが出来る。

 

僕が最初に劇的な改善を感じたのは、自分でネットで調べて、睡眠薬をロヒプノールからハルシオンに変えてもらってからだった。

それまでは調子が悪くとも主治医の処方通りに飲んでいたけど、この経験から、主治医も万能の神ではないってことに気付いた(笑)

統合失調症を知ろう!おすすめの書籍

その他オススメの書籍はこちらから🎵