あくまで個人的な見解です。
すべての人に当てはまるわけではありません。

詳しくは主治医や薬剤師などにご相談下さい。

統合失調症と抗精神病薬の難しさ・・・💦

今まで統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 の活動で700名程の当事者・家族と繋がっていて、薬の知識は普通の人よりはずっとあると思うし、不勉強な医師よりも詳しいかもしれない。

現代では統合失調症の薬(抗精神病薬)は様々な選択肢がある。

自分に合う薬を見つけられると、嘘のように回復する事例もある。

抗精神病薬の難しさ

抗精神病薬の難しさは、実際に試してみないと効くのか、どのような副作用が出るかが分からないところだ。

人によって、効果も副作用も千差万別・・・💦

高血圧や糖尿病のように数値となって現れないから、医師の経験と直感と偏見で薬が処方される。

例えば、血液検査やCTで「この人にはこの薬が適切」というような指針が分かるわけではない。

そのために医学会では精神科医は医学として認められていない風潮すらあるという。

医師
医師

精神科医は薬の処方だったり、診断書だったり、書類を書くことしか出来ない・・・。

と、自虐的に語る医師もいる。

まずは自分に合う薬を探す

 

自分に合う薬を見つけられるかが重要。

しかし、中には試した薬すべて合わなかったという方も未だにいらっしゃる。

これからの医学の進歩に期待するしかない現状やね😢

統合失調症の初期では自分に合った薬を探す
統合失調症の薬は「出来だけ飲みたくない」という人も多いかもしれないが、薬が合うと自分でも驚くほど調子が好くなることが多い。 逆に副作用がキツすぎて状態が更に悪くなることだってある。 統合失調症になりたての頃は、自分に合っ...
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
⬆️ ポチッとみんなの応援が力になります (*^-^*)

はじめに
僕らが創る世界が、すきゾ!