統合失調症と無価値感

僕が統合失調症になったのは、1996年。

今と比べると偏見は強く、一生病院で暮らすのだと思ったし、自分の価値どころか希望を全て失ってしまった。

自信のなさや無価値感がある方も多いのは想像に難くない。

でも、ただ生きているだけで僕らは誰かの役に立っている。

例えば、食事にしても、農家が作物を育て僕らの口に入るまで、どれだけの人の手が必要なのか想像も付かない。

自信のなさや無価値で希死念慮に繋がる方もいらっしゃるかも知れないけど、僕らは食べてウンコして寝ているだけでも、誰かの役に立っている。

貴方がいなきゃパズルのピースは埋まらないよ💕

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
⬆️ ポチッとみんなの応援が力になります (*^-^*)

希死念慮
僕らが創る世界が、すきゾ!

タイトルとURLをコピーしました