統合失調症と聴覚過敏

統合失調症の症状に、聴覚過敏というものがある。

ちょっとした音が気になって、車の音や人の話し声気になり、リラックス出来ないし、集中できないというような症状。

聴覚過敏の例

僕が出会った人の中にも聴覚過敏の方は数名いる。

演奏している姿が見えてくる

入院中、聴覚過敏で悩んでいる人がいた。

どこにいても不快な音が俺についてくる。

ちょっとした音でも気になってしまうそうだ。

彼は、その不快感から逃れるために、音楽をずっと聴いていることで対処していた。

音楽をずっと聴いていると、演奏している姿が見えてくる感じなんだよね。

でも、最近の音楽はパソコンで創った打ち込みが多いのか、そういう風景が見えなくて寂しいけどね😢

絶対音感は身につくよ❓

LINEグループに参加されている方で、サックスが得意な人がいた。

高校の頃から音楽を始めて、プロを目指したこともあったそうだ。

その方は、絶対音感がある。

通話中に、

この雨音はD#だね。

とか、通話でギターを練習している音を聴いて、

第2弦の音がちょっとずれてるよ。

調整した方が好いよ。

などとアドバイスをしていた。

絶対音感は5歳までに身に付けないと、身につくことはないと言われている。

しかし、彼女は高校生になってから音楽を始めて、絶対音感が身についたそうだ。

訓練すれば、誰にでも分かるようになるよ😀

と、当たり前のように言っていた。

聴覚過敏はある種の才能ともなり得る

演奏している姿が見えてきたり、大人になってから絶対音感を身に付けたりと、聴覚過敏は、ある種の「才能」ともなり得るってことだ。

聴覚過敏保護具

聴覚過敏で悩んでいる方は、イヤーマフや耳栓を使用している方もいる。

イヤーマフ

防音のデシベル数が高くなると、音が聞こえにくくなる。

紹介するイヤーマフは、雑音が気にならなくなり、会話は出来るそうだ。

外出時もイヤーマフつけていて音楽聴いてると勘違いされたり、聴こえてる?ってなるといけないので、左のようなシールをイヤーマフに貼っている方もいる。

ネットでダウンロードできるフリー素材。

聴覚過敏保護シンボルマーク_無償公開データ

イヤマフはかなり防音ができますが、圧迫感があるので、何時間もつけているのは厳しいと思います。必要な音(たとえば家族の声)は聞こえますが、不快な音(たとえば周囲のざわざわした音)はシャットアウトできます。

耳栓 

イヤーマフより安いので、まずはこちらからのほうがよいかもしれません。
圧迫感はなく、長時間つけていても大丈夫です。ただ防音性能はイヤマフには劣ります。

統合失調症を知ろう!おすすめの書籍

その他オススメの書籍はこちらから🎵