スポンサーリンク

統合失調症の到達点は、スッキリした脳内回路のまとまりではなかろうか?

appleコンピューターを創ったスティーブジョブズは、普通の人なら観ることのないコンピューター内部の回線についても洗練されたものじゃないといけないと考えていたそうだ。

そんなの誰が観るんですか(笑)

という従業員の失笑に一喝し!

S. Jobs
S. Jobs

俺が観る!

と、一歩も譲らず、パソコンに詳しい人なら、マックの外観や性能だけではなく、内部も同じように洗練されていることに驚くはずだ。

 

これはもしかしたら統合失調症が寛解した後の到達点も似たようなものではないかと感じるようになるってきた。

常識では考えられない程に脳内回路が洗練される。

 

発病前から発病後は、脳内回路がバラバラで、繋ぐべき場所にコードが繋がっていなかったり、回路はないのにコードが多すぎたりして、そのために、幻聴・幻覚・妄想など、普通の脳では問題にならないようなことが実在的な力を持って発症してしまう。

また、その後にやってくる何もしたくない陰性症状の時期は、脳内回路をスッキリとまとめているために必要な時間ではなかろうか。

最近は、現代のテクノロジーのお陰で僕らがストレスを感じないスピードに追いついているようにも感じている。

その時期を上手に乗り越えると、普通の人よりも洗練された脳内回路で、尋常ではない直感力や繊細過ぎる感性や爆発的な行動力などを活かして、普通の人以上のことを当たり前のようにこなせるようになる人がこれから多くなってくるんじゃないかな?

そして、それはきっと世界をより良い世界に変えていく大きな力になると思っている。

スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)

コメント