統合失調症の到達点:不安のない世界「涅槃寂静」

統合失調症で感じる不安は、「大震災を被災した以上のものを日常から感じている。」と言われている。

本当にちょっとしたことが不安になってしまって、不安を解決するために無理をしがちになって、調子を崩すことの繰り返し。

ただ、長年付き合っていると、不安が心からスッキリと消えるときがやってくる。

病的不安感の対極にある、静寂。

涅槃寂静。

明鏡止水。

そういった心境がやってくる。

これはテクノロジーの進化で、日常で不安を感じる要素が少なくなって、過敏な僕らを手助けしていることも大きいと思う。

だから、この境地まで辿り着いているのは、まだまだごく一部だと思う。

でも、これほど環境が整った時代だから、振り子はやがて逆に振れて、この境地まで辿り着く人はドンドン増えていくのだと思う。

ある意味の道しるべになればと思ってる。

やがては、この「才能」が世界を変えていくのだろうな🌍

もうね、神人類って感じよ✨

コメントはこちらから

タイトルとURLをコピーしました