スポンサーリンク

統合失調症はストレスの感受性も高くなってしまう

Lineグループをしていると、当事者は感受性が高く非常に繊細な感覚を持っている方が多いように感じる。

それは「才能」とも言えるが、同時にストレスに対する感受性も異常に高いことになる。

普通の人がストスレと感じないことにも多大なストレスを感じるということだし、普通の人がストレスと感じることは何倍にもなって感じてしまう。

時には、社会生活が不可能になって入院しなければならないほどに。

 

ある医師は、

心を病む人は、家族の中で1番優しい人

と言っていた。

1番優しくストレスの感受性が強い人が、家族のストレスを一身に受けてしまい、心を病んでしまうということだと解釈している。

当事者はいかにストレスを受けない環境に身を置くかも大切だし、家族もそのサポートをしてあげることが重要になってくると思う。

 

しかし、ポジティブな視点で考えると、人よりストレスを受けやすいということは、ストレスに対処する能力も高まるということだ。

そこまでたどり着くには、相当のストレスも時間も掛かるだろうけど、たどり着くことが出来たら心は磨かれ、「超自然体」とでもいえるような心の在り方になりストレスフリーの理想的な心の在り方で毎日を暮らせるようになるのではないかなと期待しているところだ。

コメント