スポンサーリンク

統合失調症は刺激への感受性が高い

統合失調症は前頭前野の活動亢進が観られるという。

そのためにありとあらゆる刺激への感受性も高くなる。

普通の人では問題にならないようなちょっとした刺激で大きな影響を受けてしまう。

主治医はそれをジェットコースターに例えるが、調子の波の振れ幅が大きい。



状況がちょっと変わっただけでも、調子を崩してしまうこともある。

しかし、刺激への感受性が強いことを理解して、経験を積んで上手に自分をコントロール出来るようになると、どんなことにもブレない超自然体な心になれる可能性を秘めている。

むしろ統合失調症はアドバンテージなのではないかと思えるようになってくる。

コメント