脳みそが汗をかくほど考えられることが天職

将棋が好きだった頃は、棋士の書いた本を読み漁っていた。

棋士って集中力の研究対象になるほど、相当に頭が好い。

米長邦雄
米長邦雄

兄達は頭が悪いから東大へ行った。

自分は頭が良いから将棋指しになった。

その米長邦雄さんがの著書に次のような一節がある。

米長邦雄
米長邦雄

将棋が強くなる方法は、脳みそが汗をかくほど集中して、盤面を見つめることである。

確かに、何かに突き抜けている人は、脳みそが汗をかくほど集中して、それ以外のことは考えていない印象すらある。

脳みそが汗をかくほど集中出来ることが天職

だからといって、あらゆる事に脳みそが汗をかくほど集中出来るかと言えば、僕の経験ではそんなことない。

脳みそが汗をかくほど集中出来ることは、その人にとっての天職なのではないだろうか?

僕は、僧侶という職業柄、どうすれば癒やせるだろうか?どういう話をしたら心が穏やかになるのだろうか?という事に関しては相当に集中する。

ちょっとした一言で救われる方もいる。

僧侶になるのが嫌で、逃げて逃げていたけど、運命に導かれるように僧侶になったし、人を癒やして幸せにしたい!という想いが強いのだろうね。

統合失調症を巡るこのブログも2012年から断続的だが継続している。

何かしら人を幸せにしたいというのがライフワークなのだろう。

Einstein
Einstein

何のために生きるのかですって?

周りの人を幸せにするためです。

そんなことも分からないのですか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
⬆️ ポチッとみんなの応援が力になります (*^-^*)

ライフワーク
僕らが創る世界が、すきゾ!

タイトルとURLをコピーしました