スポンサーリンク

自分なりの型を見つけるのに時間が掛かっているだけ

仕事にしても生活リズムにしても何に於いても「自分なりの型」というのが見つけられた人はその後はさほど試行錯誤をしなくても、上質なものが出来上がる。

統合失調症という繊細な「才能」を持っていると「自分なりの型」を探し出すのに普通の人よりも長く時間が掛かりがちだ。

それは、繊細であるが故に普通の人と比べて同じ状況でも得る情報が多く、消化するのに時間が掛かり、「自分なりの型」を探し出すのも苦労するから。

 

しかし、「自分なりの型」を見つけるために試行錯誤する時間は、決して無駄ではない。

方向性が間違っていたとしても、マイルは確実に貯まっている。

 

大先輩の僧侶が、

 

何でもオウム返しに出来る人はなかなか伸びません。

最初は出来なくて努力した人が後々伸びます。

だから、最初から出来なくてもガッカリする必要はないですよ。

 

というようなことを話してくれたことがある。

最初から出来る人は、例えるなら土台を堅牢にすることなくピラミッドを組み上げているようなものだ。

それでは高いピラミッドを積み重ねていくことは出来ないし、無理に積み重ねていくと脆くも崩れてしまうだろう。

でも、出来ない人は試行錯誤して努力して、ピラミッドの土台を組み上げる。

そしてやがては、より高く堅牢なピラミッドを組み上げることが出来るようになるのだ。

 

統合失調症も同じ。

苦しみ試行錯誤する時間が長ければ長いほど経験値も上がり、より高く堅牢なピラミッドを創り上げることが出来る。

最近は、「これからは収穫の時期だな」と感じていたが、土台作りは終わって、生活リズムにしてもブログしにしても仕事にしても勉強にしても、これからピラミッドを組み立てていくのだろう。

土台は一般の人では想像できない程にまで大きく強固なものが出来上がっている。

これから自分がどれだけ高く雄々しく雄大なピラミッドを創り上げていけるのか、今から楽しみだ!

小さなことを積み重ねる時期
以前に比べると気分的にもかなり安定してきた。Lineグループの皆で書くブログ統合失調症Lineグループ「すきゾ!」が、好い感じで更新されるようになって、僕が1人でがんばらなくてもLineグループが成長していく基盤を創りあげる...

コメント