スポンサーリンク

逃避行動で根本的な問題が解決することはない

統合失調症になるとあらゆる依存や中毒になりやすいそうだ。

リストカット・薬物中毒・アルコール中毒・買いもの中毒・ネット中毒などなど・・・。

でも、その逃避的な行動は問題を根本から解決するものではない。

問題から一時的に目を背けるだけで、後々その問題と直面することになる。

そして直面することが辛いからと逃避行動をすると、ネガティブな悪循環に入ってしまう。

問題は目を背けると大きく強くなってしまう。

 

僕の場合は、ぼーっとした感覚が欲しくて睡眠薬を少量飲んで自分を保っている。

しかし、最近は睡眠薬の効果が切れると、うつになってしまったような気分の重さがやってくるようになった。

確かに、睡眠薬に逃避するのは楽なんだけど、それよりも根本的な問題を解決することを意識しつつ、逃避的な行動は止めようと思っている今日この頃だ。

コメント