過集中・過緊張は相当に脳にダメージを与える

統合失調症は脳のリミッターを外せる、ある意味では「才能」だと思っている。

統合失調症と過集中:統合失調症は脳のリミッターを外せる「才能」
統合失調症になると、集中力の低下で苦しむ人が多いが、それはもしかしたら過集中の反動であるかもしれない。実際にLineグループでも、自分の好きで得意な分野に関しては驚異的な集中力を発揮する人が多い印象だ。神が降りてきたかのような感...

普通の人なら、リミッターが働いて、

これ以上は無理…。

となる場面でも、どこまでも進んでいける印象だ。

北京で感じた感じたことのないような疲労感

北京にいた頃、オランダ在住のアーティストと、ネットで連絡を取りながら、共同で作品作りをしたことがある。

僕はプログラマーという立場だった。

 

アーティストで要求が高く、制作していくうちに、

ここは、こうできないかな?

と、アーティストらしく(笑)次から次へと、アイデアが出て、方向性も変わる💦

その対応をするために、プログラムを組み替えるのも相当なストレスだった。

その制作は1ヶ月ほどで終わった。

作品はオランダのアートマガジンに掲載されるほどに良いものが出来た。

 

しかし、作品を作り終える前には、今まで感じたことのないような疲労感があった。

いくら眠っても回復しない。

例えようのないような疲労感。

相当にメンタルパワーを消耗したからだろう。

結婚式のビデオ

僕は結婚式のビデオを頼まれることが多かった。

式までの時間が限られていること、一生に1度のことだからと要求は高くなる。

お祝いだからほぼボランティアで創っていたから、精神的なストレスは相当に大きかった。

〆切が近づくと、過集中といえるほどの状態になって、不眠不休で製作していた。

そのときは、パソコンの前に座っていたら自然と作品が出来上がるような、神が僕の身体を動かしているような超越した感覚も頻繁にあった。

しかし、その時期が終わると、相当に疲労していた。

1つのビデオが終わると、次の話がやってきて、脳のダメージが抜けないまま、次の作品に取り掛かるようなこともあった。

そのストレスが溜まって、2度目の入院に繋がったのかもしれない。

法話

1年ほど前に法話を頼まれた。

hoshu
hoshu

私は法話の勉強はしていないので、今回はお断りします。

と、1度は断ったのだけど、

今年じゃない。来年だ。1年あるから勉強してきなさい。

と、法話の話を受けることになった。

それからは、何をしていても頭の隅に法話のことがあった。

本番の1ヶ月程前からは、相当に緊張して、原稿作りで、他のことは全く手に着かないような時期だった。

最初の法話ということで、過集中と過緊張で、終わってからは、今までの疲れがドッと出てしまった。

長い時間を掛けて徐々に蓄積された疲労は、簡単には抜けない。

1ヶ月の過集中と過緊張の疲れは、やはり回復は1ヶ月ほど掛かってしまうような印象だ。

次から次へと課題があると休みにくい

疲れが取れないうちに、今までと同じように活動していると、自分では気付かなくても、心身の疲労は蓄積されてしまう。

徐々に蓄積された疲労を回復するのは時間が掛かる
2017年の8月に3度目の入院をしてしまった。僧侶の修行や出張、このブログなど不眠不休で活動することも多かったし、無理を重ねてしまって、徐々に疲労が蓄積されて閾値を超えたからだと思っている。毎日0.1ずつ積み重なっていくような小さな...

過緊張や過集中は、相当にメンタルパワーを使うから、その時期が終わったら、出来るだけ休む時間を取ることだ。

美味しいものを食べて、ゆっくり眠る。

回復中は何もしたくない気分になり、焦りがちだけど、疲労が取れてくると、自然と動き出せるようになる。

これも「休んだら回復する」ということを何回も経験することで、のんびりと休めるようになっていくよ。

陰性症状の回復は経験が助けてくれる
初発の後は、3年ほど陰性症状でほぼ何も出来ずに眠るしかない時期を過ごした。hoshuこのままずっと回復することはないのではないか・・・というような焦りがあって、ちょっと動けるようになると、無理を重ねて回復が遅れ...

統合失調症を知ろう!おすすめの書籍

その他オススメの書籍はこちらから🎵