鈍感力は訓練で身につく能力🎵

中国生活を始める前、日本で、中国人の友だちとバドミントンに行ったことがある。

そのとき友だちは、そのバドミントンの雰囲気があまり好きではなかったらしく、ふてくされながらプレイしていた。

hoshu
hoshu

楽しんでもらおうかと思ったのに、これは悪いことしたなぁ・・・。

しばらくイライラするだろうな・・・。

と、申し訳なく感じていた。

 

しかし、バドミントンが終わった後に彼の家に行くと、彼はパソコンに向かい、お気に入りの音楽を掛けて、

どう?この音楽は?

今まで聞いたことないでしょ?

と、バドミントンでイライラしていたことはすっかり忘れていた。

hoshu
hoshu

さっきのことは忘れたの?

と、聞くと、昔話を思い出すように、

は?何のこと? あぁ、そんなこともあったね。

と、全く気にしていない。

 

その大陸的な大らかさに衝撃を受けた。

僕はそれまでイライラすることが起こると、ずっと引きずってしまっていたから。

 

それから、中国の文化に憧れるようになった。

その友だちが故郷の西安に戻って、

西安に遊びに来ない?

と、言われて、西安に行ったのが、hoshuの海外生活の幕を開けることになった。

 

 

統合失調症になると、過剰に繊細になるから、普通の人なら気にならないことでも、ずっと心の奥にわだかまっていることもある。

でも、大陸的な文化に触れたり、統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 で様々な人間関係のトラブルを解決しているうちに、失敗したことやイライラしたこと、昔のことなどを考えるのは意味がないって、自然に感じるようにもなって、イライラしたり後悔する時間はほとんどなくなっていった。

イライラしたりくよくよしたりするより、次の目標に向かってポジティブに進む方が好いでしょ?

坂本龍馬は振り返ったらもう忘れてた(笑)という逸話も残っているように、生まれつきの資質もあるだろうけど、小さなことにイライラしたりくよくよしないことは、訓練でどうにでもなる能力なんだろうなって感じている。