陽性症状の前駆期は自分にも周りにも分かり難いこともある

陽性症状の前駆期は、自分では気付かないし、周りの人も気付かないこともある。

特徴としては、饒舌になったり、心の壁がなくなって、人と積極的に絡むのが楽しかったり・・・。

営業をしていたのですけど、発病する前の1ヶ月は、過去最高の成績でした。

と、いう方も実際にいる。

快活になって、人間関係が上手に運ぶイメージ。

 

僕の場合も、陽性症状の前駆期では、饒舌になり、人との関わりが楽しくなっていた。

このときは、自分でも単に好調だと思うし、周りからは調子が良さそうに見えるから、なかなか病気の前駆期とは気付きにくい。

北京でその状態になったときには、心が開かれたのか、

昨日までキミの喋る英語が分からなかったのに、急にどうしたの???

と、驚かれたこともある。

 

統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 を運営していても、陽性症状が完全に出ている方は分かるが、前駆期で気分が高揚しているタイプの人は、そのときには気付きにくい。

しばらくして、

hoshu
hoshu

あれ? そういえば何かおかしいな?

と、疑念を感じるぐらい。

 

この時期は相当に気を付けないと、好調だと感じているから無理をしがちで、症状が酷くなることもある・・・💦

経験を重ねると、陽性症状の前駆期なのか、躁状態なのか、単に調子が好いのかは、だいたい自分で分かってくる。

しかし、どれも微妙な違いだから、経験がなかったら自分でもなかなか気付けないし、周りの人がそれと気付くのは難しいこともある。

 

少しでも違和感を感じたら、薬を飲んで、栄養のあるものを食べて、睡眠不足にならないように、自分でコントロール出来れば好いのだけど・・・。

そういう判断力もなくなってしまう時期だから、なんとも難しい💦

 

看護する立場の人が、ちょっと違和感を感じたら、

ちょっと気分が高揚しているみたいだから、少し休んだ方が好いよ。

と、アドバイス出来れば理想だ。

が・・・❗

本人が調子が好いだけと感じていると、アドバイスもなかなか耳に入っていかないこともある。

統合失調症って病識が持てないことが多いっていうのが、難しいところだよね😅

家族の対応についてのおすすめ

統合失調症を知ろう!おすすめの書籍

その他オススメの書籍はこちらから🎵