頭のまとまり:パズルのピースが次々とあるべきところに配置されたような感覚

今まで色々と活動はしてきたけど、ひと言で表すならベースは「混乱」だった。

このブログも、前身の「統合失調症は治る病気です!」も、冷静になって見返すと「混乱」しているなぁ・・・。と(笑)

統合失調症は治る病気です。
退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 統合失調症は完治する才能だ!

基本に混乱があって、興奮と使命感のようなもので創り上げてきた。

 

しかし、最近になって、Lineグループの活動が好調ということもあり、今まで頭の大部分を占めていた「統合失調症に何かしら貢献したい」というような想いも、以前よりはゆとりをもって考えられるようになった。

そうすると、頭にスペースが生まれて、まるでパズルのピースが次々とあるべきところに配置されているような、頭のまとまりを感じている時期だ。

統合失調症は難解なパズルを解いているのだと思う。

だから普通の人より時間が掛かるけれども、その「才能」が創り上げるパズルには、普通とは違うものが出来上がるだろう。

そこにどのようなものが映し出されるのか、今から楽しみだ!

 

これからは、「ゆとり」と「リラックス」をベースにして活動していけると思うし、「ゆとり」と「リラックス」が僕をどこまで導いてくれるのか、それにも期待している!

コメント