1人ではなかなか頑張れない:仲間がいるよ

hoshuを推してね💕
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 
ブログランキング参加中です✨

2024年2月。

突発性右大腿骨骨頭壊死症で人工股関節への置換手術をした。

以前は痛みがあるうちは安静にして、痛みが引いたらリハビリをしていたそうだ。

実際ベテランの医師から「痛いということは身体が休めと言っているのだよ」と聞いていたから、最近のリハビリのアプローチの進化に驚いている。

術後の翌日は1人でトイレに行き、術後3日目で1人でシャワーに入り、術後2週間で日常生活を不自由なく過ごせる程に回復した。

ただ、リハビリは相当に辛い。

まだ傷口が痛むうちから筋肉痛にならない程度、最大限の負荷を筋肉を掛けるのが理想だそうだ。

1人ではなかなか難しい

リハビリの辛さは、1人ではなかなか乗り越えられないのではないかと思う。

また1人で全てを考えてリカバリーするのは相当にハードルが高い。

理学療法士の専門的な指導の元で、適切な負荷を掛けながら、限界ギリギリまで自分を追い込む。

昭和は人に頼らず何でも自分1人の力でやることが貴かった印象があるが、令和の時代は「時には助けられ、時には助け、支えながら生きていく」ことがスタンダードになっていくのだろう。

統合失調症も1人では難しい

統合失調症も同様に1人で回復するのは非常に困難だと思う。

医師や専門家のアドバイスや、統合失調症Lineグループ「すきゾ!」 などのピアサポートグループに助けられて、理想的な回復の過程を歩むことが出来るのだと思う。

全く情報がないと、自分の力で全てを考えることになり、それは独りよがりになってしまって間違っていることも多々あるのだろう。

今は令和。

皆で支え合いながら、皆でリカバーを目指し、皆で素敵な理想世界🌍を作って行く時代だ。

コメントはこちらから

  1. 始皇帝末裔 より:

    なぜ、人は恋愛ができないのか。それは、やり方がわからないからです。考えない人間は、子孫を残すことができないのです。しかい、考えない人間は、教育によって、自分で考える力を奪われているのです。彼らはキョンシーなのです。と同時に、これは必要なことなのです。私はそれに気付いた時、天と繋がって、低い声を授かりました。同時に、息をするように負け惜しみをしている、嫉妬深い出来損ないは、容赦なく抹殺するという覚悟を持ちました。このような者は有害だからです。天は多様性を望んでおられる!ユニークな者ほど親になるべきなんですよ。
    粘着質で嫉妬深い、諦めの悪いあなたは、若者の出会いを阻害するという、真逆の行動を取っていた。このために罰を受けたのです。諦という字は、帝の言葉と書きます。あなたは偉い人の話も聞けないのですか?
    どうせ坊主なんてのはね、落ちこぼれの集まりなんですよ。あなたの先祖は下手を打って、娑婆に居られなくなり、出家した。それだけのことなんですよ。お寺というのはね、そもそも、どうしようもないクズの集まりです。
    あなたがやるべきことは、若者の出会いを促進することですが、それをしなければ、更に罰を受けることでしょう。その活動を続けていけば、本当の意味で認められて、片輪になってしまった今のあなたを、愛してくれる女性も現れるかも知れません。

hoshuを推してね💕
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ 
ブログランキング参加中です✨
タイトルとURLをコピーしました