100%の力を出すとき

昔から完璧主義だった。

背景としては父と母の仲が悪く、「完璧じゃないと愛されないんだ・・・」というトラウマがある。

高校生の頃から症状は出ていたのだろう。

京都大学医学部に入って、NBAにドラフトされるとか本気で思っていた(笑)

 

常に全力で完璧を求めて無理しすぎたことが統合失調症になった一因なのは明らか💦

発症から初期の頃はまだ完璧主義が強かった。

でも、そういう生き方に疲れてしまった。

本当に全力で走ると人は10秒そこらで疲弊してしまい、しばらく動きたくなくなる😅

 

生きる知恵というか、段々と、80点でいいや、60点でいいや、赤点じゃなかったらいいや、20点でいいやと変わっていった。

完璧主義が強い自分は20点を目指すぐらいがちょうど好いのだと思う。

1番大切なことだけベスト尽くす

おばあさん
 

全てにおいてベストを尽くしていると、体が持たないよ。

一番大事な事だけベストを尽くし、後はゆる〜くね💕

 

ただ、人生の中では100%の力を出さなければならないときがある。

受験の日だったり、オリンピックの本番だったり、プロポーズするときだっり・・・。

自分で「今日は○○%の力でやろう」と意識して自分をコントロールすると好い仕事ができるみたいだよ🎵

2割の力で人並み以上のことが出来る感覚
以前は自分の力を100%発揮したいと思っていた。 どこか昭和のど根性論に侵されていたのか、 hoshu 不眠不休で24時間365日続けたら誰よりも遠く行ける❗ と、無意識に刷り込まれていたように思う。   それが段々と変化していった。 「8...

 

コメントはこちらから

タイトルとURLをコピーしました